一ノ瀬 正樹
イチノセ マサキ

一九五七年茨城県土浦市に生まれる。東京大学文学部卒業。東京大学大学院哲学専攻博士課程修了。一九九七年に博士(文学)の学位を取得。現在、東京大学大学院人文社会系研究科哲学専攻教授、および英国オックスフォード大学Honorary Fellow。和辻哲郎文化賞および中村元賞受賞。専門は哲学(因果論および人格論)。著書に『人格知識論の生成──ジョン・ロックの瞬間』『死の所有──死刑・殺人・動物利用に向きあう哲学』(ともに東京大学出版会)、『原因と結果の迷宮』『原因と理由の迷宮──「なぜならば」の哲学』(ともに勁草書房)、『功利主義と分析哲学──経験論哲学入門』(日本放送出版協会)、『確率と曖昧性の哲学』(岩波書店)などがある。

検索結果

前のページへ戻る
3件1~3件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

英米哲学入門 ─「である」と「べき」の交差する世界

一ノ瀬 正樹 著 

私が生まれる前にも世界は本当にあったの? 因果関係って実はいっさい存在しない? 哲学の根本問題を経験や言語を足場に考え抜く、笑いあり感動ありの入門講義。

ちくま新書  新書判   368頁   刊行日 2018/04/05  ISBN 978-4-480-07132-3
JANコード 9784480071323

定価:本体980 円+税

在庫  ○

英米哲学史講義

一ノ瀬 正樹 著 

ロックやヒュームらの経験論は、いかにして功利主義、プラグマティズム、そして現代の正義論や分析哲学へと連なるのか。その歴史的展開を一望する。

ちくま学芸文庫  文庫判   384頁   刊行日 2016/07/06  ISBN 978-4-480-09739-2
JANコード 9784480097392

定価:本体1,200 円+税

在庫  ○

放射能問題に立ち向かう哲学

一ノ瀬 正樹 著 

放射能問題は人間本性を照らし出す。本書では、理性を脅かし信念対立に陥りがちな問題を哲学的思考法で問い詰め、混沌とした事態を収拾するための糸口を模索する。

筑摩選書  四六判   288頁   刊行日 2013/01/15  ISBN 978-4-480-01564-8
JANコード 9784480015648

定価:本体1,600 円+税

在庫  ○

  • 1