日本の思想とは何か ─現存の倫理学

佐藤 正英

日本人の
魂の来歴

日本に伝承されてきた言葉に根差した理知により、今・ここに現存している己れのよりよい究極の生のための地平を拓く。該博な知に裏打ちされた、著者渾身の論考。

日本の思想とは何か ─現存の倫理学
  • シリーズ:
  • 定価:本体1,700円+税
  • Cコード:0312
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2014/09/11
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:304
  • ISBN:978-4-480-01608-9
  • JANコード:9784480016089
佐藤 正英
佐藤 正英

サトウ マサヒデ

1936年生まれ。東京大学名誉教授。倫理学・日本倫理思想史専攻。著書に『隠遁の思想』『五輪書』他多数。

この本の内容

日本の思想は、ときどきに流行する意匠が構造化されないままに同居していて、一神教に見られるような座標軸がないとされる。しかし日本の思想が私たちの魂を形成していることはいうまでもない。神の祀り、和歌のあはれ、仏法の絶対知、儒学の天などの古層を掘り下げ、今・ここをよりよく生きようと葛藤してきた私たちのありようを解明し対象化して、新しい日本の倫理学の構築を試みる。

この本の目次

第1部 現存の根本構造(無窮無辺の時・空へ
外なる他である“もの”
自である内なる“たま”
「生」の世界
「生」の意味)
第2部 伝承としての倫理思想(“もの”神の祀り
花鳥風月・原郷世界
仏の絶対知
武士
「天」
文明)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可