メガ・リスク時代の「日本再生」戦略 ─「分散革命ニューディール」という希望

金子 勝 著 , 飯田 哲也

パンデミック、地球温暖化、デジタル化の遅れといった巨大リスクに覆われ、迷走する「ガラパゴス・ニッポン」。いかに脱却するかの青写真を提示した希望の書!

メガ・リスク時代の「日本再生」戦略 ─「分散革命ニューディール」という希望
  • シリーズ:
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0354
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2020/09/15
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-01714-7
  • JANコード:9784480017147
金子 勝
金子 勝

カネコ マサル

経済学者。1952年生まれ。東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。法政大学経済学部教授などを経て、現在、慶應義塾大学経済学部教授。専門は財政学、制度の経済学。著書に『市場と制度の政治経済学』(東京大学出版会)、『反経済学』(新書館)、『セーフティーネットの政治経済学』『戦後の終わり』『閉塞経済』(筑摩書房)、『新・反グローバリズム』『市場』(岩波書店)、『逆システム学』(共著、同)、『日本再生論』(NHK出版)、『粉飾国家』(講談社)、『環境エネルギー革命』(共著、アスペクト)など多数がある。

飯田 哲也
飯田 哲也

イイダ テツナリ

1959年山口県生まれ。環境エネルギー政策研究所(ISEP)所長。自然エネルギー財団理事。京都大学工学部(原子核工学)修了後、神戸製鋼の原子力部門や電力中央研究所に約十年勤務。その後、北欧留学を経て現職。日本を代表する社会イノベーターとして国内外に知られ、豊富なネットワークをもつ。主な著書に『北欧のエネルギーデモクラシー』(新評論)、『自然エネルギー市場』(共著、築地書館)、『原発社会からの離脱』(共著、講談社現代新書)などがある。

この本の内容

巨大リスクに直面する現代日本。いつ収束するのか見通せない新型コロナウイルスの世界的流行。記録的な豪雨による深刻な水害など地球規模の気候変動。情報通信分野の立ち遅れと情報セキュリティの不備―。衰退する一方の産業をどう立て直し、雇用創出をどう実現するか?私たちの暮らしを守るには何が必要か?世界的な潮流となっている再生可能エネルギーを軸とする、地域分散ネットワーク型の経済社会へと転換することで、「ガラパゴス・ニッポン」から脱却できると説く希望の書!

この本の目次

序章 分散革命ニューディールを!(新しいリスクと分散革命
新型コロナ大恐慌
感染防止か経済化というジレンマ)
第1章 不可逆的な大転換(再生可能エネルギーの「常識」の非常識
世界の再生可能エネルギーの現在と未来
日本の再生可能エネルギーの現在
自然エネルギー先進国・デンマーク)
第2章 ガラパゴス化と希望のタネ(世界的なトレンドに逆行する日本
「ご当地エネルギー」で日本を変える)
第3章 来るべき社会へ(苦境にあえぐ日本経済
エネルギー転換で経済・社会を変える)
第4章 いま、私たちにできること(周縁から「恐竜」を倒す
電力会社の筆頭株主運動
福島再生可能エネルギー100%を目指す「現代の自由民権運動」
私たちにできること)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可