金子 勝
カネコ マサル

経済学者。1952年生まれ。東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。法政大学経済学部教授などを経て、現在、慶應義塾大学経済学部教授。専門は財政学、制度の経済学。著書に『市場と制度の政治経済学』(東京大学出版会)、『反経済学』(新書館)、『セーフティーネットの政治経済学』『戦後の終わり』『閉塞経済』(筑摩書房)、『新・反グローバリズム』『市場』(岩波書店)、『逆システム学』(共著、同)、『日本再生論』(NHK出版)、『粉飾国家』(講談社)、『環境エネルギー革命』(共著、アスペクト)など多数がある。

検索結果

前のページへ戻る
8件1~8件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

「脱原発」成長論 ─新しい産業革命へ

金子 勝 著 

原発に頼らず、経済成長を実現させるには? エネルギー革命を推進し、地域分散ネットワーク型社会へと転換すること。未曾有の危機から脱するための、希望の書!

単行本  四六判   192頁   刊行日 2011/08/25  ISBN 978-4-480-86414-7
JANコード 9784480864147

定価:本体1,400 円+税

閉塞経済  ─金融資本主義のゆくえ

金子 勝 著 

サブプライムローン問題はなぜ起こったのか。格差社会がなぜもたらされたのか。現実経済を説明できなくなった主流経済学の限界を指摘し、新しい経済学を提唱する。

ちくま新書  新書判   208頁   刊行日 2008/07/07  ISBN 978-4-480-06440-0
JANコード 9784480064400

定価:本体680 円+税

戦後の終わり

金子 勝 著 

〈戦後という仕組み〉は、もはや崩れ去った。安全・平等な社会は再建できるのか? 日本と世界の難問を論じつくす。朝日新聞論壇時評(04年4月〜06年3月)収録。

単行本  四六判   250頁   刊行日 2006/08/07  ISBN 4-480-86373-7
JANコード 9784480863737

定価:本体1,800 円+税

不安の正体! ─メディア政治とイラク戦後の世界

金子 勝 著  A・デヴィット 著  藤原 帰一 著 

「帝国」アメリカの「大義なき戦争」、不安に駆られ「監視」を切望する人々、対米追従にひた走る日本…。不透明で困難な時代の「出口」を求め、気鋭の論客が徹底討論!

単行本  四六判   404頁   刊行日 2004/10/14  ISBN 4-480-86358-3
JANコード 9784480863584

定価:本体1,800 円+税

経済大転換 ─反デフレ・反バブルの政策学

金子 勝 著 

世界同時デフレに加え、イラク戦争後、「分裂と不安定の時代」の様相を強めている。バブル待望論と決別し、普通の人が普通に生きていける経済社会を構想する。

ちくま新書  新書判   208頁   刊行日 2003/10/07  ISBN 4-480-06139-8
JANコード 9784480061393

定価:本体680 円+税

希望のビジネス戦略

金子 勝 著  成毛 眞 著 

デフレ不況が深刻化する中で、企業は一体、どうすればいいのか? 生き残る秘策とは? 現実を直視した上で語られる本当の希望、真のビジネス戦略がここにある!

ちくま新書  新書判   208頁   刊行日 2002/12/19  ISBN 4-480-05978-4
JANコード 9784480059789

定価:本体680 円+税

長期停滞

金子 勝 著 

現在の日本は大恐慌期以来の七〇年ぶりの世界同時不況の真っ只中にある。小手先の政策はもはや通用しない。歴史考察を通じて「信頼」回復の道を説く注目の書。

ちくま新書  新書判   208頁   刊行日 2002/08/19  ISBN 4-480-05958-X
JANコード 9784480059581

定価:本体680 円+税

セーフティーネットの政治経済学

金子 勝 著 

リストラもペイオフも日本経済の傷を深くする。「自己責任」路線の矛盾を明らかにし、将来不安によるデフレから脱するための 信頼の経済学 を提唱する。

ちくま新書  新書判   208頁   刊行日 1999/09/16  ISBN 4-480-05814-1
JANコード 9784480058140

定価:本体680 円+税

  • 1