消えた鼓動 ─心臓移植を追って

吉村 昭

医療か殺人か。疑惑につつまれる和田心臓移植事件の全容を、犀利な作家の眼によって描き、医師のモラルを問う異色のドキュメント。

消えた鼓動 ─心臓移植を追って
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体417円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:よ-1-2
  • 刊行日: 1986/06/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:272
  • ISBN:4-480-02057-8
  • JANコード:9784480020574
吉村 昭
吉村 昭

ヨシムラ アキラ

(1927-2006)東京生まれ。学習院大学中退。1966年、『星への旅』により太宰治賞受賞。73年『戦艦武蔵』『関東大震災』などにより菊池寛賞受賞。87年日本芸術院賞受賞、97年より日本芸術院会員。主著に『ふぉん・しいほるとの娘』(吉川英治文学賞)、『破獄』(読売文学賞、芸術選奨文部大臣賞)、『冷い夏、熱い夏』(毎日芸術賞)、『天狗争乱』(大佛次郎賞)など。

著者に関する情報

追悼・吉村昭[全文を読む]

この本の内容

医療だったのか、殺人だったのか―深い疑惑につつまれる「和田心臓移植事件」の全貌―札幌を基点とし、南アフリカ、アメリカでの綿密な取材を背景に、犀利な作家の眼によって「事件」を克明に描きつつ、医師のモラルを告発し、人間性の所在を証言する迫真のドキュメント。

この本の目次

第1章 試写室にて
第2章 電話対談室にて
第3章 平岸火葬場にて
第4章 南アフリカにて
第5章 非白人居住区にて
第6章 マイモニディーズ病院にて
第7章 恵庭町宮崎家にて
第8章 北海道赤十字血液センターにて
第9章 札幌医科大学附属病院にて
第10章 地下解剖室にて
第11章 東京国際空港にて

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可