雑踏の社会学 ─東京ひとり歩き

川本 三郎

東京は大人にとってのおもちゃ箱……。いろいろな場所を歩きまわり、街の表情をみつめ、街の空気を味わった遊歩エッセイ。

雑踏の社会学 ─東京ひとり歩き
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体600円+税
  • Cコード:0136
  • 整理番号:か-3-2
  • 刊行日: 1987/06/23
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ISBN:4-480-02147-7
  • JANコード:9784480021472
川本 三郎
川本 三郎

カワモト サブロウ

1944年、東京生まれ。東京大学法学部卒。映画、文学、都市を中心に評論活動を行っている。『大正幻影』で、サントリー学芸賞、『荷風と東京』で読売文学賞、『林芙美子の昭和』で桑原武夫学芸賞、毎日出版文化賞を受賞。著書に『今ひとたびの戦後日本映画』『荷風好日』『向田邦子と昭和の東京』『銀幕風景』など。

この本の内容

東京は大人にとってのおもちゃ箱…雑踏から場末へ、路次裏から酒場へ、いろいろな場所を歩きまわり、街の表情を凝視め、街の空気を味わった遊歩エッセイ。東京を歩く楽しみを綴って話題を呼んだ本に、最新エッセイを加えた新編集版。河合蘭のナイーヴな写真も楽しい。

この本の目次

雑踏のなかにこそ神がいる
映画の東京地理学
場末回遊
地下鉄が変えた東京の「点と点」

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可