実を申すと

吉村 昭

 釣竿を忘れて釣りに行く話  鮨屋で子ども連れの姿を見て思うこと など、日常の事柄をユーモアと哀感とで綴る粋なエッセイ。

実を申すと
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体398円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:よ-1-3
  • 刊行日: 1987/08/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:240
  • ISBN:4-480-02152-3
  • JANコード:9784480021526
吉村 昭
吉村 昭

ヨシムラ アキラ

(1927-2006)東京生まれ。学習院大学中退。1966年、『星への旅』により太宰治賞受賞。73年『戦艦武蔵』『関東大震災』などにより菊池寛賞受賞。87年日本芸術院賞受賞、97年より日本芸術院会員。主著に『ふぉん・しいほるとの娘』(吉川英治文学賞)、『破獄』(読売文学賞、芸術選奨文部大臣賞)、『冷い夏、熱い夏』(毎日芸術賞)、『天狗争乱』(大佛次郎賞)など。

著者に関する情報

追悼・吉村昭[全文を読む]

この本の内容

飲み屋に女房をつれて行ったら、おかみに愛人とまちがわれ大弱り…。釣竿を忘れて釣りに出かけそうになり…。人と人との出会いのふしぎ、旅の喜び、酒にまつわる哀楽など、こまかな日常の出来事のうちに、この世のからくり、人情の機微をたくみにとらえ、さわやかな味の、ちょっといい話をつづったエッセー集。

この本の目次

実を申すと(英語で話す
マッチの話
夫婦同業のこと
講演会
結婚披露宴)
箸休め(蝗の大群
肥える・痩せる
有難迷惑なサービス
大学教授の悲しみ
食料品売場)
地球の一点(地球の一点
サバ釣り
大学寄席
店じまい
自然薯
からまれる)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可