冬の夜ひとりの旅人が

イタロ・カルヴィーノ 著 , 脇 功 翻訳

読むことで、書くことのよろこびと苦しみが味わえる不思議な作品。作者の分身(男性読者)と理想的読者像(女性読者)の行末は?

冬の夜ひとりの旅人が
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,000円+税
  • Cコード:0197
  • 整理番号:か-25-1
  • 刊行日: 1995/10/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:384
  • ISBN:4-480-03087-5
  • JANコード:9784480030870
イタロ・カルヴィーノ
イタロ・カルヴィーノ

カルヴィーノ,イタロ

(1923−85)イタリアの作家。キューバで生まれ、北イタリアで育つ。43年、反ファシズムのパルチザンに身を投じる。それが彼の文学的出発点となり、47年に発表した『くもの巣の小道』は、ネオ・レアリズム小説の傑作と絶賛される。著書に『まっぷたつの子爵』『木のぼり男爵』『不在の騎士』『見えない都市』『冬の夜ひとりの旅人が』などがある。

この本の内容

次々に斬新な方法を創り出すイタリアの作家の、型破りな作品。すぐに中断してしまう、まったく別個の物語の断片の間で右往左往する「男性読者」とそれにまつわる「女性読者」を軸に展開される。読者は、作品を読み進みながら、創作の困難を作者と共に味わっている気持ちになる、不思議な小説。

この本の目次

冬の夜ひとりの旅人が
マルボルクの村の外へ
切り立つ崖から身を乗り出して
風の目眩も怖れずに
影の立ちこめた下を覗けば
絡みあう線の網目に
もつれあう線の網目に
月光に輝く散り敷ける落葉の上に
うつろな穴のまわりに
いかなる物語がそこに結末を迎えるか?

読者の感想

2009.6.11 昆野正博

カルヴィーノの本を読むと何かいつも懐かしい気がする。
この本のように、今までとは全く違った構成であってもそうである。いま途中であり、もちろんこの後どうなるのかという期待はあるのだけれど、なんとなくどうでもいいようだ。ただ今読んでところを楽しんでいればいいのではと思われる。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可