プルースト評論選 2

マルセル・プルースト 著 , 保苅 瑞穂 編集

二十世紀最大の小説を遺した作家のもう一つの魅力……評論の傑作「読書について」「ジョン・ラスキン」をはじめ、絵画論・音楽時評などを収める。

プルースト評論選 2
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,300円+税
  • Cコード:0198
  • 整理番号:ふ-13-12
  • 刊行日: 2002/11/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:496
  • ISBN:4-480-03752-7
  • JANコード:9784480037527

この本の内容

卓越した批評家でもあったプルーストの、小説と溶けあう白熱の評論。雄篇「ジョン・ラスキン」をはじめ、美術論、社会時評、音楽時評などを収める。

この本の目次

ジョン・ラスキン(『アミアンの聖書』訳者の序文より)
読書について(『胡麻と百合』訳者の序文)
美術論
社会時評
音楽時評
社交・肖像
親殺しの肖像
アンケート回答

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可