病原体はどう生きているか

益田 昭吾

病原体も人間と同じように、環境に支配されながら生きている。身近な細菌から特殊なウイルスまで、さまざまな病原体が繰り広げるミクロの世界の生存競争!

病原体はどう生きているか
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体660円+税
  • Cコード:0247
  • 整理番号:76
  • 刊行日: 1996/07/18
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:4-480-05676-9
  • JANコード:9784480056764
益田 昭吾
益田 昭吾

マスダ ショウゴ

1941年生まれ。66年、東京慈恵会医科大学卒業。07年、東京慈恵会医科大学教授を退任。現在は同大学名誉教授。卒業以来、一貫して黄色ブドウ球菌の病原性の研究に従事。細菌の病原性を通じて医学と生物学の関係に深い関心を抱く。著書に『生きものとしての病原微生物』(廣川書店)、『病原体はどう生きているか』(ちくま新書)など。

この本の内容

たとえばコレラ菌は、子孫を残すためにコレラという病気を起こす。コレラ患者の身体は、コレラ菌にとって最適な生存環境だからである。けれども患者の死は、環境そのものの破壊を意味し、コレラ菌にとっても不都合なことになる。ではコレラ菌は、どうやって生き延びるのだろうか。ジフテリア菌や破傷風菌、結核菌からB型肝炎ウイルス、エイズウイルスなどが繰り広げるミクロな世界の生存競争を眺めながら、病気と病原体の自己保存との関係について考える。

この本の目次

序章 病原体はどう理解されてきたか
第1章 病原微生物の生態
第2章 病原体への対応
第3章 いくつかの病原細菌
第4章 細菌以外の病原体
第5章 病原微生物を通して考える

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可