新選組実録

相川 司 著 , 菊地 明

浪士組の結成から池田屋事変、函館五稜郭での敗北に至るまでの激動の七年間を敢然と戦いぬいた新選組。最新の史料をもとに丹念に描く悲運のヒーローたちの軌跡。

新選組実録
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体660円+税
  • Cコード:0221
  • 整理番号:78
  • 刊行日: 1996/08/19
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:4-480-05678-5
  • JANコード:9784480056788
菊地 明
菊地 明

キクチ アキラ

1951年東京都生まれ、日本大学芸術学部卒。幕末史研究家。著書に『龍馬 最後の真実』『龍馬暗殺完結篇』『クロニクル坂本龍馬の33年』『新選組全史(上・中・下)』『新選組の新常識』『土方歳三遺聞』『沖田総司伝私記』『京都見廻組史録』『幕末天誅斬奸録』『幕末百人一首』『「幕末」15年・7大事件で歴史の真相を大整理』ほか多数。編著に『土方歳三日記(上・下)』『京都守護職日誌(全5巻)』、共著に『坂本龍馬日記』『新選組日誌』『新選組実録』など。

この本の内容

組織としての新選組が、江戸に戻ったのちも、旧幕脱走軍とともに奥州を転戦し、箱館五稜郭での降伏に至るまでを敢然と戦い抜いたことはあまり知られていない。組織編成の変遷、箱館政府における土方歳三の地位など、民間史学の成果を結集した最新の史料を駆使して、知られざる史実に光をあて、結成から箱館戦争までの七年間を駆け抜けた新選組の真実の姿に迫る。

この本の目次

1 浪士組
2 京都新選組
3 甲陽鎮撫隊
4 旧幕脱走軍
5 会津新選組
6 箱館新選組

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可