双極性障害  ─躁うつ病への対処と治療

加藤 忠史

翻弄されないために

精神障害の中でも再発性が高いもの、それが双極性障害(躁うつ病)である。患者本人と周囲の人のために、この病気の全体像と対処法を詳しく語り下ろす。

双極性障害  ─躁うつ病への対処と治療
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体860円+税
  • Cコード:0211
  • 整理番号:762
  • 刊行日: 2009/01/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:272
  • ISBN:978-4-480-06465-3
  • JANコード:9784480064653
加藤 忠史
加藤 忠史

カトウ タダフミ

一九六三年東京都出身。一九八八年東京大学医学部卒業。滋賀医科大学精神医学講座助手、東京大学医学部精神神経科助手、同講師を経て、現職、独立行政法人理化学研究所主任研究員、脳科学総合研究センター精神疾患動態研究チームシニア・チームリーダー。医師、博士(医学)。専門は双極性障害の神経生物学。著書に『双極性障害──躁うつ病への対処と治療』(ちくま新書)、『岐路に立つ精神医学──精神疾患解明へのロードマップ』(勁草書房)、『躁うつ病に挑む』 (日本評論社)、『うつ病の脳科学──精神科医療の未来を切り拓く』(幻冬舎新書)、『動物に「うつ」はあるのか──「心の病」がなくなる日 』(PHP新書)、『双極性障害──病態の理解から治療戦略まで 第2版』(医学書院)、『脳と精神疾患』(朝倉書店)など。

この本の内容

一般に「躁うつ病」と言われている病気、双極性障害は、統合失調症と並ぶ二大精神疾患と称され、また近年精神医学界でも大きな注目を集めている病気だが、まだまだ理解が十分に行き渡ってはいない。再発のリスクが高いこの病気は、そもそもどのような性格のものなのか。診断と治療の方法とは…。臨床と研究の双方をリードしてきた著者が、快方へ向かうための基礎知識を平明に解説する。最新研究の動向を語った講演も併せて収録。

この本の目次

第1部 対処と治療(なぜ躁うつ病は双極性障害とよばれるようになったのか
双極性障害とは
社会生活を妨げてしまう双極性障害
双極性障害の治療
症例
人生を双極性障害に翻弄されないために)
第2部 双極性障害の最新研究―「年輪の会」講演会より

読者の感想

2011.9.12 kazu

もう7年自殺未遂2回仕事ももうできません。薬は飲んでいます、今は過眠と拒食に幻覚幻聴に笑い
家の者は病気を人に言わずに仕事でも、世の中も生きていくのが当たりまえで、私の生き方は間違っていると言います1つの嘘は100の嘘に繋がる、それを隠して生きて行きたくない、甘えるわけでは無く個性を持って生きてること。知って欲しいだけ。

2010.3.02 佐藤諦吉

 この本の後半部の年輪の会の講演会を主催した双極Ⅰ型障害の当事者会の責任者ですが、この様な、一般向けの講演会
を通じて、双極性障害の啓蒙・啓発活動を此れからも続けて

行きたいと思っております。今年も6月5日に品川区のきゅりあん小ホールに於いて、この本の筆者である精神科医・脳科学研究者、加藤忠史先生とエッセイストの斎藤由香さん(北杜夫の娘)と芥川賞作家絲山秋子さんの講演会・座談会を企画しております。

2010.2.01 いく坊

最先端の医学では、この病気の何が・どれほど、どのように理解されているのか、詳しく知ることができました。再発予防が非常に重要であり、再発を繰り返せば社会的な信用を失うということを肝に命じて、今後も治療し続けたいです。

2009.8.22 病気を治したい

自分は、学生から社会人まで、いじめを受け、対人恐怖症、うつ病、躁うつ病まで悪化しました。躁になると症状に理解の無い両親に物を投げてしまいます。入院4回もしてるのに本書を読んで感じたのは、過去のいじめ体験は、薬でも、ETCでも、相談でも消えないと言う事です。他人には躁行動は、1回もしてません。今は作業所、通所してます。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可