原発危機 官邸からの証言

福山 哲郎

官邸の「過剰な介入」がなけれ
ば日本は崩壊していた! 「福
山ノート」が原発事故の真相を
明かす

本当に官邸の原発事故対応は失敗だったのか? 当時の官房副長官が、自ら残したノートをもとに緊急事態への取組を徹底検証。知られざる危機の真相を明らかにする。

原発危機 官邸からの証言
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0231
  • 整理番号:974
  • 刊行日: 2012/08/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-06680-0
  • JANコード:9784480066800
福山 哲郎
福山 哲郎

フクヤマ テツロウ

1962年生まれ。参議院外交防衛委員長。参議院議員(京都・当選3回)。同志社大学法学部卒業。京都大学大学院法学研究科修士課程修了。京都造形芸術大学客員教授。参議院環境委員長、民主党政調会長代理などを経て、鳩山内閣では外務副大臣。菅内閣では内閣官房副長官として外交・震災対応にあたる。気候変動問題とグリーン経済の実現をライフワークとする。著書に『民主主義が一度もなかった国・日本』(宮台真司氏と共著。幻冬舎新書、2009年)等がある。

この本の内容

「菅首相の現地視察が東京電力の事故対応を遅らせた」「官邸が現場の注水作業を止めた」「政府はアメリカからの冷却剤提供を断った」―これらの批判は事実無根である。首相官邸で首相、官房長官に次ぐ3番目の危機管理担当であった事故当時の官房副長官が、自ら残したノートをもとに、官邸から見た原発危機の緊迫した状況を再現。知られざる危機の真相を明らかにするとともに、緊急時の国家体制が抱える問題の構図を浮き彫りにし、事故を教訓とした日本の進むべき道筋を提言する。

この本の目次

第1章 「福山ノート」が語る官邸の5日間(初動
ベント
住民避難)
第2章 闘いの舞台裏(日米協議
SPEEDI
計画的避難区域)
第3章 脱原発への提言(原子力防災体制
リスクコミュニケーション
未来への選択)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可