インフラの呪縛 ─公共事業はなぜ迷走するのか

山岡 淳一郎

無駄? 必要?
成長を支えた鉄道、橋、
ダム、道路を徹底検証

公共事業はいつの時代も政治に翻弄されてきた。道路、ダム、鉄道――国の根幹をなすインフラ形成の歴史を追い、日本のあるべき姿を問う。もう善悪では語れない!

インフラの呪縛 ─公共事業はなぜ迷走するのか
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体880円+税
  • Cコード:0251
  • 整理番号:1063
  • 刊行日: 2014/03/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:288
  • ISBN:978-4-480-06771-5
  • JANコード:9784480067715
山岡 淳一郎
山岡 淳一郎

ヤマオカ ジュンイチロウ

1959年愛媛県生まれ。ノンフィクション作家。「人と時代」「21世紀の公と私」を共通テーマに近現代史、政治、医療、建築など分野を越えて旺盛に執筆。著書は『原発と権力』(ちくま新書)、『気骨 経営者土光敏夫の闘い』『国民皆保険が危ない』(共に平凡社)、『後藤新平 日本の羅針盤となった男』『田中角栄の資源戦争』(共に草思社)、『放射能を背負って 南相馬市長桜井勝延と市民の選択』(朝日新聞出版)、『医療のこと、もっと知ってほしい』(岩波ジュニア新書)ほか多数。

この本の内容

戦後、経済発展のため、道路、ダム、鉄道、橋といったインフラ整備が闇雲に進められた。しかし、バブル崩壊後、その反動で公共事業は利権や腐敗の温床として「悪」と痛罵される。一方で、それらは老朽化し崩壊の危機にあり、早い対処が求められている。なぜ、インフラに関する議論は迷走してきたのか?一体、日本の公共事業はどうあるべきなのか?様々な証言をもとにして、日本の骨格をつくり上げたその歴史を読み解き、問題点を明確にする一冊。

この本の目次

第1章 生死をかけたダムをめぐる攻防(大規模災害が毎年続く呪われた戦後一五年間
内務省の官僚答弁から言質を引き出せ ほか)
第2章 日本を造った道路の運命(東条英機が却下した壮大な道路計画
五〇年までは道路は壊滅状態 ほか)
第3章 鉄道は希望か、悪夢か?(公益性と収益性の狭間で
発進時から人員過剰だった国鉄 ほか)
第4章 公共事業叩きへの反動(なぜ「談合」はまかり通るのか
予算委員会に提出された割り振り表 ほか)
第5章 インフラ危機をチャンスに(住民を混乱させる中間貯蔵施設
分断される地域 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可