山岡 淳一郎
ヤマオカ ジュンイチロウ

1959年愛媛県生まれ。ノンフィクション作家。「人と時代」「21世紀の公と私」を共通テーマに近現代史、政治、医療、建築など分野を越えて旺盛に執筆。著書は『原発と権力』(ちくま新書)、『気骨 経営者土光敏夫の闘い』『国民皆保険が危ない』(共に平凡社)、『後藤新平 日本の羅針盤となった男』『田中角栄の資源戦争』(共に草思社)、『放射能を背負って 南相馬市長桜井勝延と市民の選択』(朝日新聞出版)、『医療のこと、もっと知ってほしい』(岩波ジュニア新書)ほか多数。

検索結果

前のページへ戻る
3件1~3件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

長生きしても報われない社会 ─在宅医療・介護の真実

山岡 淳一郎 著 

長期介護の苦痛、看取りの場の不在、増え続ける認知症……。多死時代を迎える社会において、経済を優先して人間をないがしろにする日本の医療に未来はあるのか?

ちくま新書  新書判   256頁   刊行日 2016/09/05  ISBN 978-4-480-06915-3
JANコード 9784480069153

定価:本体820 円+税

在庫  ○

インフラの呪縛 ─公共事業はなぜ迷走するのか

山岡 淳一郎 著 

公共事業はいつの時代も政治に翻弄されてきた。道路、ダム、鉄道――国の根幹をなすインフラ形成の歴史を追い、日本のあるべき姿を問う。もう善悪では語れない!

ちくま新書  新書判   288頁   刊行日 2014/03/05  ISBN 978-4-480-06771-5
JANコード 9784480067715

定価:本体880 円+税

在庫  ○

原発と権力 ─戦後から辿る支配者の系譜

山岡 淳一郎 著 

戦後日本の権力者を語る際、欠かすことができない原子力。なぜ、彼らはそれに夢を託し、推進していったのか。忘れ去られていた歴史の暗部を解き明かす一冊。

ちくま新書  新書判   240頁   刊行日 2011/09/05  ISBN 978-4-480-06628-2
JANコード 9784480066282

定価:本体760 円+税

在庫  ○

  • 1