金融史の真実 ─資本システムの一〇〇〇年

倉都 康行

国破れてマネーあり

懸命に回避を試みても、リスク計算が狂い始めるとき、金融危機は繰りかえし起こる。「資本システム」の歴史を概観しながら、その脆弱性と問題点の行方を探る。

金融史の真実 ─資本システムの一〇〇〇年
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0233
  • 整理番号:1069
  • 刊行日: 2014/04/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-06774-6
  • JANコード:9784480067746
倉都 康行
倉都 康行

クラツ ヤスユキ

1955年生まれ。東京大学経済学部卒業後、東京銀行入行。東京、香港、ロンドンで国際資本市場業務に携わった後、97年よりチェースマンハッタンのマネージングディレクター。現在、RPテック代表取締役、産業ファンド投資法人執行役員、フィスコ非常勤取締役などを兼務。日本金融学会会員。主な著書に『金融史がわかれば世界がわかる』『世界がわかる現代マネー6つの視点』(ちくま新書)、『金融市場は謎だらけ』(日経BP社)、『ベーシック金融マーケット入門』(日経文庫)などがある。

この本の内容

資本主義や資本市場など、マネーが動く舞台「資本システム」。そこでは、ひとたびリスク計算が狂い始めると、負債が適正水準を超え、懸命に回避しようとしても危機は再燃する、その繰り返しだ。我々は、自在に変貌していくこのシステムの上で、あちこち振り回されながら生きているだけではないのだろうか。一二世紀イタリア都市国家からの金融史を概観して、資本主義に内在するメカニズムを暴き、金融メタボ症候群を形成する今日の問題の行方を探る。

この本の目次

プロローグ 姿を変える資本システム
第1部 リスクと金融の歴史(イントロダクション
第一期民間資本時代―一二‐一五世紀の民間経済時代
第一期公有化時代―一五‐一七世紀の王室権力時代
第二期民間資本時代―一八‐一九世紀の自由経済時代
第二期公有化時代―一九‐二〇世紀の政府支援時代
第三期民間資本時代―一九八〇‐二〇〇六年の新自由主義時代
第三期公有化時代―二〇〇七年以降の国有化時代
リスク計算と資本システム)
第2部 資本市場の脆弱性(不安の源泉は銀行とソブリン
リスク計算の行き詰まり
「ドルしかない」という弱み
資産バブルの必然性)
第3部 金融の過剰(「大きくて潰せない」は維持不能
中央銀行も失敗する
先進国の国債は救われるか
成長主義の誤謬)
エピローグ 本質を見抜いた二人の経済学者

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可