ルポ 高齢者ケア ─都市の戦略、地方の再生

佐藤 幹夫

地域で支えあう!
全国の自治体・医療機関・
NPOの最新の取り組みを紹介

独居高齢者や生活困窮者が増加する「都市」、人口減や市街地の限界集落化が進む「地方」。正念場を迎えた「高齢者ケア」について、先進的事例を取材して考える。

ルポ 高齢者ケア ─都市の戦略、地方の再生
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体800円+税
  • Cコード:0236
  • 整理番号:1072
  • 刊行日: 2014/05/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-06777-7
  • JANコード:9784480067777
佐藤 幹夫
佐藤 幹夫

サトウ ミキオ

1953年秋田県生まれ。フリージャーナリスト。批評誌『飢餓陣営』主宰。自立支援センター「ふるさとの会」相談室顧問。主な著書に『ルポ 高齢者医療――地域で支えるために』『ルポ 認知症ケア最前線』(以上、岩波新書)、『十七歳の自閉症裁判――寝屋川事件の遺したもの』(岩波現代文庫)、『自閉症裁判 レッサーパンダ帽男の「罪と罰」』(朝日文庫)などがある。

この本の内容

「高齢者ケア」は、いま正念場を迎えている。超高齢社会となった現在、大都市圏では独居高齢者や生活困窮高齢者の増加、地方では人口減と市街地の限界集落化などの深刻な問題を抱えている。そのような切迫した事態に対応し、利用者にとって最善のケアとは何か。本書は、各地で奮闘した先進的な取り組みを進めている人びとを取材し、その答を追い求めていく。また、東日本大震災の被災地では、困難な状況下で、新しい取り組みが果敢に進められている。その取材を通して、地域医療、生活困難者支援の未来を考える。

この本の目次

第1部 都市の戦略(超高齢社会の未来を創る
「死に至る孤立」を防ぐ
「高齢弱者」という課題)
第2部 地方の再生(認知症ケアと「地域の介護力」
過疎地域の再生モデル
もう一つの「石巻の記録」)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可