解決!空き家問題

中川 寛子

過剰な住宅供給のツケで、いま顕在化する空き家問題。活用を阻む4要因と、打開策とは? 柔軟な発想で負の財産をお宝に転換。豊富な事例から活路を見いだす!

解決!空き家問題
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体820円+税
  • Cコード:0236
  • 整理番号:1153
  • 刊行日: 2015/11/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-06858-3
  • JANコード:9784480068583
中川 寛子
中川 寛子

ナカガワ ヒロコ

1960年生まれ。住まいと街の解説者。オールアバウト「住みやすい街選び」ガイド。不動産一筋に30余年、買う、借りる、貸す、売る、投資するなど、それぞれの立場を踏まえた上での不動産市場の変化の解説で人気。著書に『解決!空き家問題』(ちくま新書)などがある。

この本の内容

総世帯数を大幅に上回る住宅がありながら、さらなる新築建設を推進する政策で、いずれ3軒に1軒は「空き家」になると言われている。新品を大量生産するのが良いことと考え、古いものに手間をかけるということを忘れてきた戦後日本。それが立ちゆかなくなった今、負の財産をお宝に転換できるひとがこれからの社会を作っていく。本書は空き家の現状と活用を阻む4つの要因を分析し、それを打開する試みを、3つの立地条件別に豊富な具体例で見ていく。活用の鍵となるのは「愛情」と「連携」。親が空き家を残しても、これでもう怖くない!

この本の目次

第1章 いずれは3軒に1軒が空き家?―現状と発生のメカニズム
第2章 空き家活用を阻む4要因―立地、建物、所有者、相談先
第3章 空き家活用3つのキーワード―収益性、公益性、社会性
第4章 大都市・地方都市の一等地―収益性優先の活用
第5章 立地に難ありの都市部・一部農村―公益性優先の活用
第6章 農村・地方都市―行政主体、社会性優先の活用
第7章 空き家を発生させないために―孤立死予備軍は空き家予備軍?
第8章 自分事としての空き家問題―買う時、残す時、受け取った時

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可