アンダークラス ─新たな下層階級の出現

橋本 健二

就業人口の15%が平均年収186万円。この階級の人々はどのように生きているのか? 若年・中年、女性、高齢者とケースにあわせ、その実態を明らかにする。

アンダークラス ─新たな下層階級の出現
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体820円+税
  • Cコード:0236
  • 整理番号:1371
  • 刊行日: 2018/12/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-07187-3
  • JANコード:9784480071873
橋本 健二
橋本 健二

ハシモト ケンジ

1959年生まれ。東京大学教育学部卒。東京大学大学院博士課程修了。静岡大学教員などを経て、現在、武蔵大学社会学部教授。専門は社会学(階級論)。研究業のかたわら、フィールドワークを兼ねて居酒屋を巡る。主な著書に『「格差」の戦後史』(河出ブックス)、『居酒屋ほろ酔い考現学』(毎日新聞社)、『階級社会』(講談社選書メチエ)、『現代日本の階級構造』(東信堂)などがある。

この本の内容

非正規労働者のうち、パート主婦、専門・管理職以外の人々は、日本には約九三〇万人いる。その平均年収はわずか一八六万円で、その貧困率は高く、女性ではそれが五割に達している。いじめや不登校といった暗い子ども時代を送った人が多く、健康状態がよくないと自覚する人は四人に一人の割合である。これら「アンダークラス」に属する人びとを、若者・中年、女性、高齢者と、それぞれのケースにわけ、調査データをもとにその実態を明らかにする。今後の日本を見据えるうえで、避けては通れない現実がそこにある。

この本の目次

序章 アンダークラスの登場
第1章 新しい階級社会の誕生
第2章 アンダークラスとは何か
第3章 現代日本のアンダークラス
第4章 絶望の国の絶望する若者たち―若年・中年アンダークラス男性の現実
第5章 アンダークラスの女たち―その軌跡と現実
第6章 「下流老人」が増えていく
第7章 「失業者・無業者」という隣人たち
第8章 アンダークラスと日本の未来
終章 「下」から日本が崩れていく

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可