東京裁判「神話」の解体 ─パル、レーリンク、ウェブ三判事の相克

デイヴィッド・コーエン 著 , 戸谷 由麻

東京裁判は「勝者の裁き」であり、欺瞞に満ちた判決だったというのは神話に過ぎない。パル判事らの誤謬と、判決の正当性を検証する。

東京裁判「神話」の解体 ─パル、レーリンク、ウェブ三判事の相克
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体880円+税
  • Cコード:0221
  • 整理番号:1365
  • 刊行日: 2018/11/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:288
  • ISBN:978-4-480-07190-3
  • JANコード:9784480071903

この本の内容

東京裁判は「勝者の裁き」であり、インド代表パル判事とオランダ代表レーリンク判事の反対意見は、その欺瞞を暴き出すものだとの論が日本の国内論議で長くみられた。だが、パルやレーリンク意見には重大な誤謬と恣意性があり、東京裁判の功績と問題点の歴史的・法理学的理解を大きく歪めている。東京裁判研究者の戸谷と国際法の大家コーエンが、従来見過ごされてきたウェブ裁判長による判決書草稿を読み解き、東京裁判の過程を再検証する。判決から七〇周年を迎えた今、知られざる真相を解明する。

この本の目次

序章 東京裁判「神話」とは何か
第1章 東京法廷における責任論―起訴状から多数意見まで
第2章 パル意見は「判決」か「反対意見」か?
第3章 レーリンク判事―極東国際軍事裁判のもうひとりの英雄か?
第4章 ウェブが著した権威ある「東京判決」
終章 「裁判長による個別意見」の遺産

読者の感想

2018.11.10 エマリ

綿密に検証され、わかりやすく書かれています。バランス感覚のある、説得力のある内容でした。
平成の名著であると思います。


戦争に巻き込まれ、無残な死に追いやられた幾多の人々、犠牲者の鎮魂のために、正義の裁きのために、是非、読んでいただきたい書と思います。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可