明智光秀と本能寺の変

渡邊 大門

下克上の時代。なぜ明智光秀は織田信長を討ったのか。私怨だったのか、朝廷か足利義昭か、徳川家康の陰謀だったか……戦国ミステリーを明智の人生で読み解く。

明智光秀と本能寺の変
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体880円+税
  • Cコード:0221
  • 整理番号:1426
  • 刊行日: 2019/08/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:288
  • ISBN:978-4-480-07241-2
  • JANコード:9784480072412
渡邊 大門
渡邊 大門

ワタナベ ダイモン

歴史学者。1967年神奈川県生まれ。関西学院大学文学部史学科日本史学専攻卒業。佛教大学大学院研究科博士後期課程修了。博士(文学)。近著に『地理と地形で読み解く 戦国の城攻め』『井伊直虎と戦国の女傑たち――70人も数奇な人生』(光文社知恵の森文庫)、『戦国史の俗説を覆す』『家康伝説の嘘』(柏書房)、『おんな領主井伊直虎』(中経の文庫)、『進化する戦国史』(洋泉社)など、多数。

この本の内容

なぜ明智光秀は本能寺で織田信長を討ったのか。下克上の時代とはいえ、戦国の覇王であり主君への謀叛の背景には謎が多い。光秀の経歴も秘密めいている。そのためさまざまな憶測がされ、信長への私怨説、朝廷か足利義昭か、はては徳川家康による陰謀説などが語られてきた。名門・土岐明智氏を自称しながら足軽衆としてキャリアをスタート。主君を変えながら武功を重ねて頭角を現わした「知将」の人生をたどりながら、明智光秀という戦国ミステリーの主人公を読み解く!

この本の目次

第1章 本能寺の変の勃発
第2章 光秀の出自と前半生
第3章 京都における光秀
第4章 信長と義昭の決裂
第5章 「鞆幕府」の成立と光秀の動向
第6章 光秀の大躍進
第7章 本能寺の変「陰謀説」に根拠はあるか?
第8章 光秀の最期

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可