プリズメン ─文化批判と社会

テオドール・W・アドルノ 著 , 渡辺 祐邦 翻訳 , 三原 弟平 翻訳

「アウシュヴィッツ以後、詩を書くことは野蛮である」。果てしなく進行する大衆の従順化と、絶対的物象化の時代における文化批判のあり方を問う。

プリズメン ─文化批判と社会
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,350円+税
  • Cコード:0110
  • 整理番号:ア-11-1
  • 刊行日: 1996/02/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:512
  • ISBN:4-480-08247-6
  • JANコード:9784480082473

この本の内容

プリズメン(さまざまなプリズム)とは、未来からの微弱な光を感じとる鋭敏な精神の探査器を暗示するのか。エッセイという形式を武器に、現実の核心に迫る独自の哲学的思索を展開したアドルノの最初の自撰論集。「アウシュヴィッツ以後、詩を書くことは野蛮である」という命題を含む「文化批判と社会」に始まり、シェーンベルク、ベンヤミン、カフカへと深まる12のエッセイは、文化的しつらえによる権力の大衆威嚇、それに対する知識人の石のような沈黙のもと、果てしなく進行する「絶対的物象化」の時代の文化現象を鋭く追求する。本邦初訳の「オルダス・ハックスリーとユートピア」「ゲオルゲとホーフマンスタール」を加え、完全新訳で贈る。

この本の目次

1 文化批判と社会
2 知識社会学の意識
3 「没落」後のシュペングラー
4 ヴェブレンの文化攻撃
5 オルダス・ハックスリーとユートピア
6 時間のない流行
7 バッハをその愛好者たちから守る
8 アルノルト・シェーンベルク一八七四‐一九五一年
9 ヴァレリー プルースト 美術館
10 ゲオルゲとホーフマンスタール
11 ベンヤミンの特徴を描く
12 カフカおぼえ書き

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可