漫画原論

四方田 犬彦

風船、コマ、速度の表象、黒と白の意味とは? 映画でも絵画でも小説でもない「漫画」を形作る文法とは何なのか。漫画批評の原点となる一冊。

漫画原論
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,200円+税
  • Cコード:0179
  • 整理番号:ヨ-6-1
  • 刊行日: 1999/04/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:400
  • ISBN:978-4-480-08478-1
  • JANコード:9784480084781
四方田 犬彦
四方田 犬彦

ヨモタ イヌヒコ

1953年生まれ。東京大学にて宗教学を、同大学院にて比較文学を専攻。映画と言語芸術を中心に、料理から漫画まで文化現象を批評。アジア映画関係の著書に『電影風雲』『怪奇映画天国アジア』『アジア映画の大衆的想像力』などがある。詩集に『わが煉獄』小説に『すべての鳥を放つ』、翻訳に『パゾリーニ詩集』がある。伊藤整文学賞、桑原武夫学芸賞、芸術選奨文部科学大臣賞など受賞多数。

この本の内容

漫画を漫画たらしめている内的法則とは何だろうか。いかなる約束事が漫画を絵画や小説、映画とたがわせ、アニメーションやイラストレーションといった隣接ジャンルと異なったものに仕立てあげているのか。物語の内容をひとまずおいて、物理的に漫画を築きあげている線(ふき出しやコマの配分、速度の表象など)と色彩(黒と白、色の有無)などを通して漫画を論じ、漫画を形作る「文法」とは何であるかを考える。戦後から現在までの作品を分析した漫画表現論。

この本の目次

映画の隣人
画面の成立
運動の分割
コマの配分
コマの逸脱
速度の表象
瞬間の変身
紙の幻術
風船と主体
風船の諸相〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可