四方田 犬彦
ヨモタ イヌヒコ

1953年生まれ。東京大学文学部にて宗教学を、同大学院にて比較文学を修める。ソウルの建国大学校に始まり、コロンビア大学、テルアヴィヴ大学、明治学院大学などで、教授・客員教授として教鞭を執った。言語表現と映像、音声、都市を対象に批評活動を行なう。著書は120冊を超え、料理論として『食卓の上の小さな渾沌』(筑摩書房)『ラブレーの子供たち』(新潮社)がある。サイード、ダルウィーシュ、パゾリーニを翻訳した。斎藤緑雨賞、サントリー学芸賞、伊藤整文学賞、桑原武夫学芸賞、講談社エッセイ賞などを受けた。

検索結果

前のページへ戻る
17件1~17件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

1968[3]漫画

四方田 犬彦 編集  中条 省平 編集 

実験的であること、前衛的であること、アンダーグラウンドであること。それが漫画の基準だった──。第3巻では、時代の〈異端者〉たちが遺した漫画群を収録。

筑摩選書  四六判   608頁   刊行日 2018/05/14  ISBN 978-4-480-01663-8
JANコード 9784480016638

定価:本体2,600 円+税

在庫  ○

1968[2]文学

四方田 犬彦 編集  福間 健二 編集 

中上健次、鈴木いづみ、土方巽、澁澤龍彦……。文化の〈異端者〉たちが遺した詩、小説、評論などを収録。反時代的な思想と美学を深く味わうアンソロジー。

筑摩選書  四六判   480頁   刊行日 2018/03/13  ISBN 978-4-480-01662-1
JANコード 9784480016621

定価:本体2,400 円+税

在庫  ○

1968[1]文化

四方田 犬彦 編著  稲増 龍夫 著  上野 �ミ志 著  大島 洋 著  國吉 和子 著  椹木 野衣 著  中野 翠 著  西堂 行人 著 

1968〜72年の5年間、映画、演劇、音楽、写真、舞踏などの領域で前衛的な実験が展開された。それら歴史的記憶を文化資料として甦らせる。写真資料満載。

筑摩選書  四六判   416頁   刊行日 2018/01/11  ISBN 978-4-480-01661-4
JANコード 9784480016614

定価:本体2,400 円+税

在庫  ○

土地の精霊

四方田 犬彦 著 

寺院の神像、女霊媒師、路傍の乞食。現代と過去のあいだで、身体性と〈土地の記憶〉が響きあう。世界を旅し、近代の底に眠る聖なる存在を掘りおこす紀行エッセイ

単行本  四六判   320頁   刊行日 2016/01/25  ISBN 978-4-480-81528-6
JANコード 9784480815286

定価:本体2,400 円+税

在庫  ○

モロッコ流謫

四方田 犬彦 著 

ボウルズ、バロウズ、ジュネ、石川三四郎……作家たちの運命を変えた地の魅力に迫る紀行エッセイ。伊藤整文学賞、講談社エッセイ賞受賞。

ちくま文庫  文庫判   384頁   刊行日 2014/07/09  ISBN 978-4-480-43185-1
JANコード 9784480431851

定価:本体950 円+税

在庫  問合せ

白土三平論

四方田 犬彦 著 

60年代に社会構造を描き出した『カムイ伝』、蜂起の歴史哲学を描いた『忍者武芸帳』等代表作、そして「食物誌」まで。文庫版への書き下ろしを収録。

ちくま文庫  文庫判   512頁   刊行日 2013/09/10  ISBN 978-4-480-43099-1
JANコード 9784480430991

定価:本体1,000 円+税

在庫  ○

ひと皿の記憶 ─食神、世界をめぐる

四方田 犬彦 著 

諸国を遍歴した著者が、記憶の果てにぼんやりと光るひと皿をたぐりよせ、追憶の味(あるいは、はたせなかった憧れの味)を語る。書き下ろしエッセイ

ちくま文庫  文庫判   368頁   刊行日 2013/05/08  ISBN 978-4-480-42927-8
JANコード 9784480429278

定価:本体840 円+税

在庫  ○

鈴木清順エッセイ・コレクション

鈴木 清順 著  四方田 犬彦 編集 

耽美的な映像をつくる映画監督鈴木清順は、達観のエッセイの名手でもあった。映画論、人生論など、その精髄の数々。 <br /> 【解説: 四方田犬彦 】

ちくま文庫  文庫判   496頁   刊行日 2010/08/09  ISBN 978-4-480-42747-2
JANコード 9784480427472

定価:本体1,500 円+税

大島渚と日本

四方田 犬彦 著 

『絞死刑』『愛のコリーダ』『御法度』など、戦後日本に屹立する作品を撮った鬼才・大島渚。映画史の第一人者が敬愛と感謝の念をこめて作品の全貌を論じる。

単行本  四六判   320頁   刊行日 2010/03/18  ISBN 978-4-480-87362-0
JANコード 9784480873620

定価:本体2,800 円+税

在庫  ○

「かわいい」論

四方田 犬彦 著 

キティちゃん、ポケモン、セーラームーン――。日本製のキャラクター商品はなぜ世界中で愛されるのか? 「かわいい」の構造を美学的に分析する初めての試み。

ちくま新書  新書判   208頁   刊行日 2006/01/05  ISBN 978-4-480-06281-9
JANコード 9784480062819

定価:本体760 円+税

在庫  ○

摩滅の賦

四方田 犬彦 著 

何百年も人々が撫で擦り続けたために輪郭しか留めていないレリーフ、参詣人に触れられ黒光りする仏像、波に侵食された岩……摩滅をめぐる13のエッセイ。

単行本  A5判   192頁   刊行日 2003/10/23  ISBN 4-480-81454-X
JANコード 9784480814548

定価:本体2,800 円+税

貴種と転生・中上健次

四方田 犬彦 著 

彼が遺した厖大なる言葉を、物語の矛盾なき体系として了解すること――13年を費やして完結した中上健次への批評的オマージュ。

ちくま学芸文庫  文庫判   464頁   刊行日 2001/07/10  ISBN 4-480-08639-0
JANコード 9784480086396

定価:本体1,500 円+税

漫画原論

四方田 犬彦 著 

風船、コマ、速度の表象、黒と白の意味とは? 映画でも絵画でも小説でもない「漫画」を形作る文法とは何なのか。漫画批評の原点となる一冊。

ちくま学芸文庫  文庫判   400頁   刊行日 1999/04/08  ISBN 978-4-480-08478-1
JANコード 9784480084781

定価:本体1,200 円+税

漫画原論

四方田 犬彦 著 

風船とは? ギャグとは? コマとは? 映画でも絵でも小説でもない、漫画を形作る文法とは何だろうか。戦後から現在までの作品を分析して語る漫画表現論。

単行本  A5判   304頁   刊行日 1994/06/24  ISBN 4-480-87239-6
JANコード 9784480872395

定価:本体2,330 円+税

読むことのアニマ ─子供部屋の世界文学

四方田 犬彦 著 

トルストイ童話集から『ラーマーヤナ』まで。少年期に読んで強い印象を受けた外国の書物をもう一度読み直し、当時のエピソードを混じえて綴る半自伝的エッセイ。

単行本  四六判   240頁   刊行日 1993/03/18  ISBN 4-480-81329-2
JANコード 9784480813299

定価:本体2,233 円+税

食卓の上の小さな渾沌

四方田 犬彦 著 

単行本  四六判   234頁   刊行日 1987/08/27  ISBN 4-480-82234-8
JANコード 9784480822345

定価:本体1,500 円+税

映画はもうすぐ百歳になる

四方田 犬彦 著 

映画をめぐる無数の諸問題−−作家、テーマ、俳優、批評、引用、説話、イデオロギー−−を一四二本の断章によって縦横に論じた「楽しい映画史」の本。

シリーズ・全集  四六変判   296頁   刊行日 1986/05/30  ISBN 4-480-05509-6
JANコード 9784480055095

定価:本体1,600 円+税

  • 1