ひと皿の記憶 ─食神、世界をめぐる

四方田 犬彦

人は食べるとき、
思い出を食べている。
書下ろしエッセイ。

諸国を遍歴した著者が、記憶の果てにぼんやりと光るひと皿をたぐりよせ、追憶の味(あるいは、はたせなかった憧れの味)を語る。書き下ろしエッセイ

ひと皿の記憶 ─食神、世界をめぐる
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体840円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:よ-28-1
  • 刊行日: 2013/05/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:368
  • ISBN:978-4-480-42927-8
  • JANコード:9784480429278
四方田 犬彦
四方田 犬彦

ヨモタ イヌヒコ

1953年生まれ。東京大学にて宗教学を、同大学院にて比較文学を専攻。映画と言語芸術を中心に、料理から漫画まで文化現象を批評。アジア映画関係の著書に『電影風雲』『怪奇映画天国アジア』『アジア映画の大衆的想像力』などがある。詩集に『わが煉獄』小説に『すべての鳥を放つ』、翻訳に『パゾリーニ詩集』がある。伊藤整文学賞、桑原武夫学芸賞、芸術選奨文部科学大臣賞など受賞多数。

この本の内容

「食べものとは失われた時間であり、もはや記憶のなかにおぼろげにしか蘇ってこない何ものかであったのだ」。日本の山椒、釜山のコムタン、ナポリの蛸、タンジェのミントティー―。数多くの国に滞在した経験をもつ著者が、記憶の果てにぼんやりと光るひと皿をたぐりよせ、追憶の味(あるいは、はたせなかった憧れの味)を語る。熟達した文章でつづる書き下ろしエッセイ。

この本の目次

1(奥能勢の鮎
伊丹の酒粕 ほか)
2(京畿道のスジョングァ
釜山のコムタン ほか)
3(バンコクのケーン
イサーンの鶏 ほか)
4(イタリアの料理学校の思い出
フィレンツェのビフテキ ほか)

読者の感想

2013.5.14 ムムリク

食は記憶なり
まさにその通りだと思いながら読みました。


私自身、子供のころ食べた鰯の水炊きが忘れられません。
鰯をぶつ切りにして、白菜、豆腐、ネギを入れて、つけだれは
醤油ベースで大根おろしにダイダイを絞って。
あー食べたくなってきた。
本書にあるロシアのサラダ、作ってみましたが、さっぱりして
美味しかったです。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可