「かわいい」論

四方田 犬彦

キティちゃん、ポケモン、セーラームーン――。日本製のキャラクター商品はなぜ世界中で愛されるのか? 「かわいい」の構造を美学的に分析する初めての試み。

「かわいい」論
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体760円+税
  • Cコード:0295
  • 整理番号:578
  • 刊行日: 2006/01/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:208
  • ISBN:978-4-480-06281-9
  • JANコード:9784480062819
四方田 犬彦
四方田 犬彦

ヨモタ イヌヒコ

1953年生まれ。東京大学文学部にて宗教学を、同大学院にて比較文学を修める。ソウルの建国大学校に始まり、コロンビア大学、テルアヴィヴ大学、明治学院大学などで、教授・客員教授として教鞭を執った。言語表現と映像、音声、都市を対象に批評活動を行なう。著書は120冊を超え、料理論として『食卓の上の小さな渾沌』(筑摩書房)『ラブレーの子供たち』(新潮社)がある。サイード、ダルウィーシュ、パゾリーニを翻訳した。斎藤緑雨賞、サントリー学芸賞、伊藤整文学賞、桑原武夫学芸賞、講談社エッセイ賞などを受けた。

この本の内容

世界に冠たる「かわいい」大国ニッポン。キティちゃん、ポケモン、セーラームーンなどなど、日本製のキャラクター商品が世界中を席巻している。その市場規模は二兆円ともいわれ、消費社会の文化商品として大きな意味を担うようになった。では、なぜ、日本の「かわいい」は、これほどまでに眩しげな光を放つのか?本書は、「かわいい」を21世紀の美学として位置づけ、その構造を通時的かつ共時的に分析する、はじめての試みである。

この本の目次

第1章 「かわいい」現象
第2章 「かわいい」の来歴
第3章 大学生の「かわいい」
第4章 美とグロテスクの狭間に
第5章 小さく、幼げなもの
第6章 なつかしさ、子供らしさ
第7章 メディアのなかの「かわいい」
第8章 「萌え」の聖地
第9章 「かわいい」、海を渡る
エピローグ 「かわいい」の薄明

読者の感想

2010.6.22 riri

動物を奇妙にデフォルメしたヌイグルミはかわいいのか?ETが実際家に来てもかわいいのか?かわいいという言葉はあなたにとってどんな意味を持ちますか?


「かわいい」という言葉は、今までそして今どういうふうに社会で機能してきたのだろうか?

内容説明からは現代的でポピュラーなアニメやキャラクターについての分析にも見えますが、分析対象は幅広く、枕草子からアート、現代の若者の個人的な意見にまで及んでおり、飽きさせない内容です。

最終章の締めくくりも「超意外」な場所に出現した「かわいい」について書かれており、非常に考えさせられました。

考察の対象が非常に身近なものばかりなので、手軽に読める美学論として楽しめる本でした。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可