食卓の上の小さな渾沌

四方田 犬彦

食卓の上の小さな渾沌
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1987/08/27
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:234
  • ISBN:4-480-82234-8
  • JANコード:9784480822345
四方田 犬彦
四方田 犬彦

ヨモタ イヌヒコ

1953年生まれ。東京大学にて宗教学を、同大学院にて比較文学を専攻。映画と言語芸術を中心に、料理から漫画まで文化現象を批評。アジア映画関係の著書に『電影風雲』『怪奇映画天国アジア』『アジア映画の大衆的想像力』などがある。詩集に『わが煉獄』小説に『すべての鳥を放つ』、翻訳に『パゾリーニ詩集』がある。伊藤整文学賞、桑原武夫学芸賞、芸術選奨文部科学大臣賞など受賞多数。

この本の内容

テーブルの上の小さな宇宙をめぐって、気鋭の批評家にして無類の食いしん坊が傾ける蘊蓄の数々。幼少時の舌の追憶から麺の形面上学へ、さらに食の達人たちに捧げられたオマージュへ。「口より入るすべて」に及ぶ軽やかで先鋭な文化論。食物批評・料理人類学。

この本の目次

1 aperitivo しょくぜんしゅ
2 antipasto おーどぶる(ひとりで食事をすることの孤独について
小僧の神様の神学
ビビンバ・コムプレックス)
3 primo piatto さいしょのおさら(ビビン冷麺
たくさんのパスタ
麺の思考)
4 secondo piatto にばんめのおさら(パリで1番安いフランス料理店
クリスト・コムプレックス
まっ昼間から呑むこと)
5 insalata さらだでいっぷく
6 formaggi ちいずもあるよ(モードとしての食事
みそ汁の神話作用
料理とセクシャリティ)
7 frutta くだもの(吉田健一における食うこと呑むこと
北大路魯山人における食うことと罵倒すること
白土三平における食うことと採集すること
石原吉郎における食うことと生存すること)
8 dolce さいごにあまいもの(アリスと消化の欲望
断食の教え)
9 il conto さておかんじょう

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可