読むことのアニマ ─子供部屋の世界文学

四方田 犬彦

トルストイ童話集から『ラーマーヤナ』まで。少年期に読んで強い印象を受けた外国の書物をもう一度読み直し、当時のエピソードを混じえて綴る半自伝的エッセイ。

読むことのアニマ ─子供部屋の世界文学
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体2,233円+税
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1993/03/18
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:240
  • ISBN:4-480-81329-2
  • JANコード:9784480813299
四方田 犬彦
四方田 犬彦

ヨモタ イヌヒコ

1953年生まれ。東京大学にて宗教学を、同大学院にて比較文学を専攻。映画と言語芸術を中心に、料理から漫画まで文化現象を批評。アジア映画関係の著書に『電影風雲』『怪奇映画天国アジア』『アジア映画の大衆的想像力』などがある。詩集に『わが煉獄』小説に『すべての鳥を放つ』、翻訳に『パゾリーニ詩集』がある。伊藤整文学賞、桑原武夫学芸賞、芸術選奨文部科学大臣賞など受賞多数。

この本の目次

記憶の森
悪魔との出会い トルストイ童話集
驚異の冒険譚 『地底探険』
狂人の告白 『ガリヴァー旅行記』
仮面と憐憫 『幸福の王子』
変身と終末 ギリシャ神話と北欧神話
クリスマスの魔法 『胡桃割り人形と鼠の王様』
パリの不思議 『レ・ミゼラブル』
マラルメ的欲望 『ギボンス』と『スコット』
洪水と戒律 聖書
イエスの奇跡 聖書
SFの通過
物語は無限に続く 『千夜一夜物語』
非嘆の甘やかさ 『紅桜夢』
追放と王国 『ラーマーヤナ』
転校生の徴 『デミアン』
失墜と悔恨 『悪の華』
汝の欲するところをなせ 『ガルガンチュワとパンタグリュエル物語』
禍々しく、昏い森 『神曲』
ポルノグラフィー体験
異邦人の孤独 『マルテの手記』
書くことの始まり

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可