映像の詩学

蓮實 重彦

フォード、ブニュエル、フェリーニ、ゴダール、ペッキンパー…。たぐい稀な感性が読んだスリリングなフィルム体験。著者初の海外映画作家論。

映像の詩学
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,700円+税
  • Cコード:0174
  • 整理番号:ハ-1-6
  • 刊行日: 2002/08/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:576
  • ISBN:978-4-480-08716-4
  • JANコード:9784480087164
蓮實 重彦
蓮實 重彦

ハスミ シゲヒコ

1936年東京生まれ。60年東京大学仏文学科卒業。同大学大学院人文研究科仏文学専攻修了。65年パリ大学大学院より博士号取得。東京大学教養学部教授(表象文化論)、東京大学総長を歴任。東京大学名誉教授。仏文学にとどまらず、映画、現代思想、日本文学など多方面で精力的な評論活動を展開し続けている。著書に『表層批評宣言』『凡庸な芸術家の肖像』『映画の神話学』『シネマの記憶装置』『映画はいかにして死ぬか』『映画 誘惑のエクリチュール』『監督 小津安二郎〔増補決定版〕』『齟齬の誘惑』『映像の詩学』『『ボヴァリー夫人』論』『伯爵夫人』ほか多数。

この本の内容

フォードに翻る白、ルノワールの淫らな風、偏愛してやまぬB級アクション、そしてゴダール論へ…日本映画批評史に、まったく新たな批評言語を導入し、革新的な批評空間を構築した著者が、そのたぐい稀な感性とスリリングなフィルム体験から鋭く映像を読解し、従来の映画評価を根底から覆した、初めての海外映画作家論。図版多数収録。

この本の目次

1 「巨匠」たちの挑発(ジョン・フォード、または翻える白さの変容
ハワード・ホークス、または映画という名の装置
ジャン・ルノワール、または触覚都市の痕跡)
2 「亡命者」たちの栄光(ルイス・ブニュエル、または越境者の論理
フリッツ・ラング、または円環の悲劇
ジョセフ・ロージー、または廃墟と廃墟以前)
3 「B級アクション」の系譜(ロバート・オルドリッチ、または快楽の陰欝な構造
ドン・シーゲルとリチャード・フライシャー、または混濁と透明
サム・ペッキンパー、または契約者の自由と不自由)
4 ファシスムと戯れる作家たち(アラン・レネ、あるいは鏡を恐れるナルシス
ベルナルド・ベルトルッチ論、闇・迷路・偶然
フェリーニ ルイ・マル ジャック・ドロワン、レジスタンス神話と映画)
5 ゴダールの「変貌」?(『勝手にしやがれ』から『気狂いピエロ』へ
『イタリアにおける闘争』批評とフィルム体験
『万事快調』隠蔽と顕示)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可