中高年のための文章読本

梅田 卓夫

私にしか書けない文章を書くには? 知識や肩書きを捨てて、キラッと光る、一回限りの表現を目指すフリースタイル文章術。中高年のスゴイ作品満載。

中高年のための文章読本
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,000円+税
  • Cコード:0181
  • 整理番号:ウ-6-3
  • 刊行日: 2003/03/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:272
  • ISBN:4-480-08744-3
  • JANコード:9784480087447
梅田 卓夫
梅田 卓夫

ウメダ タクオ

1938年、岐阜県に生まれる。名古屋大学教育学部卒業。愛知県立小牧工業高校の国語科教諭、愛知淑徳大学文化創造学部非常勤講師を歴任。 共著書(清水良典、服部左右一、松川由博)『風が記憶する』(作品集・私家版)1984年『国語表現・教材資料集』(生徒用・非売品)1985年『高校生のための文章読本』(筑摩書房)1986年『高校生のための小説案内』(筑摩書房)1988年『新作文宣言』(筑摩書房)1989年『表現改訂版』(筑摩書房高等学校用教科書)

この本の内容

市民講座の文章教室に通う中高年が増えている。だが、いざ「作品」を読んでみると、なんと退屈きわまりないことか。りっぱなこと、えらそうなことを書こうとするからだ。自分にしか書けない“創造的な文章”はどうすれば書けるのだろうか?長年蓄えた知識や肩書はいったん捨てて、キラッと光る、一回限りの表現をめざしてみよう。それは、自分の後半生の新しい姿を模索することでもあるのだから。一読三嘆!いまだかつて無かったフリースタイル文章術。書くことのよろこびを通して、“私”をとりもどす。中高年のスゴイ作品満載。

この本の目次

第1章 肩書のない一人の人間として
第2章 誤れる文章観
第3章 “自分にしか書けないこと”の追究―創造的文章の方法1
第4章 文章は“目”で書く―創造的文章の方法2
第5章 “メモ”や“走り書き”の鮮度を生かす―創造的文章の方法3
第6章 文章セラピー―書くことのよろこび

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可