言海

大槻 文彦

統率された精確な語釈、味わい深い用例、明治の刊行以来昭和まで最もポピュラーで多くの作家に愛された辞書『言海』が文庫で。
【解説: 武藤康史 】

言海
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体2,200円+税
  • Cコード:0181
  • 整理番号:ン-3-1
  • 刊行日: 2004/04/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:1360
  • ISBN:4-480-08854-7
  • JANコード:9784480088543

この本の内容

近代的なスタイルの国語辞典の第1号『言海』は、「読める辞書」としても絶大なる人気を誇ってきた。語釈には「堂々めぐり」がほとんどなく、意味の本質に迫るキリッとした名文づくし。とりわけ動物・植物・鉱物などの語釈がシブい。ユーモアすら漂う。明治時代の俗語もまじり、方言などの注記もある。用例も豊富で、古典のアンソロジーのような一面も。巻頭の「語法指南」は日本最初の近代的な文法書として愛用された。明治のことばの辞典として、また古語辞典としても役に立つ。国語辞典として使うための詳しい解説つき。縮刷版(明治37年)の内容をそのままの大きさで覆製。

読者の感想

2016.7.16 永島道男

現在、『大言海』から面白そうな言葉を抽出して、一冊の本にまとめています。そのおおもとの『言海』と比較しながら読むと一層面白いのです。どちらも字が小さく老眼の私には、天眼鏡なしでは読めませんが。多くの作家が個性豊かなこの辞書を愛読したのが頷けます。引く辞書でなくまさしく読む辞書なのです。こうして復刻されたことに感謝しています。もっと多くの方に読んでいただきたく、愉しい本になるように孤軍奮闘している毎日です。

2010.3.21 私度僧照闇

五十嵐薫さんの「富山房大言海は私に解読できない。」は分からないでもないですが、普通の国語辞典になれれば、十分に理解できると思います。大言海は、近代の言葉の宝庫です。この「言海」は、「大言海」の初めの姿を知れるという意味で、興味ある辞典です。

2009.6.26 五十嵐薫

日本語の源を学びたいと思っている。
富山房大言海は私に解読できない。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可