戦争における「人殺し」の心理学

デーヴ・グロスマン 著 , 安原 和見 翻訳

本来、人間には、人を殺すことに強烈な抵抗がある。それを兵士として殺戮の場=戦争に送りだすにはどうするか。元米軍将校による戦慄の研究書。

戦争における「人殺し」の心理学
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0111
  • 整理番号:ク-8-1
  • 刊行日: 2004/05/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:512
  • ISBN:4-480-08859-8
  • JANコード:9784480088598
安原 和見
安原 和見

ヤスハラ カズミ

1960年鹿児島生まれ。東京大学文学部西洋史学科卒業。訳書に『戦争における「人殺し」の心理学』『数学の楽しみ』『銀河ヒッチハイク・ガイド』ほか多数。

この本の内容

本来、人間には、同類を殺すことには強烈な抵抗感がある。それを、兵士として、人間を殺す場としての戦場に送りだすとはどういうことなのか。どのように、殺人に慣れされていくことができるのか。そのためにはいかなる心身の訓練が必要になるのか。心理学者にして歴史学者、そして軍人でもあった著者が、戦場というリアルな現場の視線から人間の暗部をえぐり、兵士の立場から答える。米国ウエスト・ポイント陸軍士官学校や同空軍軍士官学校の教科書として使用されている戦慄の研究書。

この本の目次

第1部 殺人と抵抗感の存在―セックスを学ぶ童貞の世界
第2部 殺人と戦闘の心的外傷―精神的戦闘犠牲者に見る殺人の影響
第3部 殺人と物理的距離―遠くからは友だちに見えない
第4部 殺人の解剖学―全要因の考察
第5部 殺人と残虐行為―ここに栄光はない。徳もない
第6部 殺人の反応段階―殺人をどう感じるか
第7部 ベトナムでの殺人―アメリカは兵士たちになにをしたのか
第8部 アメリカでの殺人―アメリカは子供たちになにをしているのか

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可