幾何学基礎論

ヒルベルト 著 , 中村 幸四郎 翻訳

20世紀数学全般の公理化への出発点となった記念碑的著作。ユークリッド幾何学を根源まで遡り、斬新な観点から厳密に基礎づける。
【解説: 佐々木力 】

幾何学基礎論
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,200円+税
  • Cコード:0141
  • 整理番号:ヒ-8-1
  • 刊行日: 2005/12/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-08953-3
  • JANコード:9784480089533

この本の内容

20世紀の数学はヒルベルトを抜きにしては語れない、と言われるドイツ数学界の巨峰37歳の処女作。没後に改訂第8版が刊行されたほど、重要かつ長く読み継がれてきた書。ユークリッド幾何学の全公理を結合・順序・合同・平行・連続の5種の公理群にまとめ、相互の独立性を完全に証明した。公理論的方法が成功を収めた典型例であり、数学全般の公理化への出発点となった記念碑的著作。またユークリッド「原論」同様、影響は数学にとどまらなかった。なお本書には、論文「数の概念について」と著名な講演「公理論的思惟」を併収。

この本の目次

幾何学基礎論(五つの公理群
公理の無矛盾性および相互独立性
比例の理論
平面における面積の理論
デザルグの定理
パスカルの定理
公理1‐4に基づく幾何学作図)
数の概念について
公理論的思惟

読者の感想

2008.1.07 芝田 秀和

清水弘文堂の本は、旧字体の活版印刷で、それはそれなりに風格もあったのですが、とにかく図が丁寧でなくて、誤植もあったりして・・・。
今回、それらの点が改善され、読みやすかった。

唯一点、110ページの図53については、補充等積の図であるので、補充等積の定義の後(つまり5行下)に入れた方がよいと思いました。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可