翔太と猫のインサイトの夏休み  ─哲学的諸問題へのいざない

永井 均

わくわくする哲学

「私」が存在することの奇跡性など哲学の諸問題を、自分の頭で考え抜くよう誘う。予備知識不要の「子ども」のための哲学入門。
【解説: 中島義道 】

翔太と猫のインサイトの夏休み  ─哲学的諸問題へのいざない
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体880円+税
  • Cコード:0110
  • 整理番号:ナ-13-1
  • 刊行日: 2007/08/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:288
  • ISBN:978-4-480-09092-8
  • JANコード:9784480090928
永井 均
永井 均

ナガイ ヒトシ

1951年東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒業、同大学院文学研究科博士課程単位取得。哲学・倫理学を専攻。現在、日本大学文理学部哲学科教授。著書に『〈私〉のメタフィジックス』『〈魂〉に対する態度』(以上、勁草書房)、『ウィトゲンシュタイン入門』『翔太と猫のインサイトの夏休み(以上、筑摩書房)、『〈私〉の存在の比類なさ』『これがニーチェだ』『子どものための哲学対話』『私・今・そして神』(以上、講談社)、『転校生とブラック・ジャック』『マンガは哲学する』『なぜ意識は実在しないのか』(以上、岩波書店)、『西田幾多郎』(NHK出版)などがある。

著者からのメッセージ

翔太と由美の修学旅行[全文を読む]

この本の内容

哲学とは何よりもまず、好奇心と探究心に満ちた子どもの遊び場だ―。中学生の翔太と猫のインサイトが、「いまが夢じゃないって証拠は?」「心があるって、どういうこと?」「たくさんの人がいる中で、ある一人だけが『ぼく』なのはなぜ?」「死ぬって、どういうこと?」といった問いをめぐり対話する。「私」が存在することの奇跡性のほか、実在論や可能世界、正義原理、言語ゲームなど哲学の諸問題を取り上げ、自分の頭で考え抜くよういざなう。予備知識のいらない、「子ども」のための哲学入門。

この本の目次

第1章 いまが夢じゃないって証拠はあるか(ぼくらは培養器の中の脳か
ほんとうであるとは?
見える世界とほんとうの世界
デカルトのはなし)
第2章 たくさんの人間の中に自分という特別なものがいるとはどういうことか(他人には心がない?
心があるとは?
ぼくは存在する!
カントのはなし)
第3章 さまざまな可能性の中でこれが正しいといえる根拠はあるか(善悪の客観的な基準はあるか
住んでる世界が違う?
意味は存在しない
ウィトゲンシュタインのはなし)
第4章 自分がいまここに存在していることに意味はあるか(人間には自由意志があるか
宇宙の果ては―「いま」の神秘?
死―人生の意味
ハイデガーのはなし)
第5章 死と夢

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可