中学生からの大学講義 2 考える方法

桐光学園 編集 , ちくまプリマー新書編集部 編集 , 池内 了 著 , 永井 均 著 , 管 啓次郎 著 , 萱野 稔人 著 , 上野 千鶴子 著 , 若林 幹夫 著 , 古井 由吉

“わかったつもり”と
サヨナラしよう!

世の中には、言葉で表現できないことや答えのない問題がたくさんある。簡単に結論に飛びつかないために、考える達人が物事を解きほぐすことの豊かさを伝える。

中学生からの大学講義 2 考える方法
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 定価:本体840円+税
  • Cコード:0295
  • 整理番号:227
  • 刊行日: 2015/02/04
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-68932-0
  • JANコード:9784480689320
桐光学園
桐光学園

トウコウガクエン

神奈川県川崎市に所在する中高一貫教育を提供する私立中学校・高等学校

池内 了
池内 了

イケウチ サトル

1944年生まれ。宇宙物理学。京都大学理学部物理学科卒業。同大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了。理学博士(物理学)。国立天文台教授、名古屋大学大学院教授などを経て、現在、総合研究大学院大学教授。著書『物理学と神』(集英社新書)、『疑似科学入門』(岩波新書)、『科学の落し穴』『禁断の科学』(以上、晶文社)、『科学者心得帳』(みすず書房)、『科学の考え方・学び方』(岩波ジュニア新書)、『科学と人間の不協和音』(角川oneテーマ21)など。

永井 均
永井 均

ナガイ ヒトシ

1951年東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒業、同大学院文学研究科博士課程単位取得。哲学・倫理学を専攻。現在、日本大学文理学部哲学科教授。著書に『〈私〉のメタフィジックス』『〈魂〉に対する態度』(以上、勁草書房)、『ウィトゲンシュタイン入門』『翔太と猫のインサイトの夏休み(以上、筑摩書房)、『〈私〉の存在の比類なさ』『これがニーチェだ』『子どものための哲学対話』『私・今・そして神』(以上、講談社)、『転校生とブラック・ジャック』『マンガは哲学する』『なぜ意識は実在しないのか』(以上、岩波書店)、『西田幾多郎』(NHK出版)などがある。

管 啓次郎
管 啓次郎

スガ ケイジロウ

1958年生れ。明治大学理工学部教授。著書に『コヨーテ読書』『オムニフォン』など、訳書にリオタール『こどもたちに語るポストモダン』等多数。

萱野 稔人
萱野 稔人

カヤノ トシヒト

1970年生まれ。哲学者、津田塾大学教授。専門は哲学、社会理論。パリ第十大学大学院哲学科博士課程修了。博士(哲学)。朝日新聞「未来への発想委員会」委員、衆議院選挙制度に関する調査会委員などを務める。著書に『国家とはなにか』(以文社)、『カネと暴力の系譜学』『暴力はいけないことだと誰もがいうけれど』(以上、河出書房新社)、『権力の読みかた――状況と理論』(青土社)、『新・現代思想講義―ナショナリズムは悪なのか』(NHK出版新書)、『哲学はなぜ役に立つのか?』(サイゾー)、『成長なき時代のナショナリズム』(角川新書)、『暴力と富と資本主義 なぜ国家はグローバル化が進んでも消滅しないのか』(角川書店)などがある。

上野 千鶴子
上野 千鶴子

ウエノ チヅコ

1948年富山県生まれ。社会学者。東京大学名誉教授。認定NPO法人ウィメンズアクショネットワーク(WAN)理事長。専門学校、短大、大学、大学院、社会人教育などの高等教育機関で、40年間、教育と研究に従事。著書に『近代家族の成立と終焉』、『家父長制と資本』(岩波書店)、『おひとりさまの老後』(文春文庫)、『女ぎらい』(紀伊國屋書店)、『ケアの社会学』(太田出版)、『サヨナラ、学校化社会』など多数。

若林 幹夫
若林 幹夫

ワカバヤシ ミキオ

社会学者、早稲田大学教育・総合科学学術院教授。

この本の内容

世の中には、言葉で表現できないことや明確に答えられない問題がたくさんある。簡単に結論に飛びつかないために、考える達人たちが、物事を解きほぐすことの豊かさを伝える。

この本の目次

“私”が存在することの意味(永井均)
それは、本当に「科学」なの?(池内了)
アメリカ・インディアンは何を考えてきたか?(管啓次郎)
なぜ、人を殺してはいけないのか?(萱野稔人)
ジェンダー研究のすすめ(上野千鶴子)
社会とは何だろう―入門一歩前の社会学(若林幹夫)
言葉について(古井由吉)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可