土方歳三日記 下 ─新選組副長、鳥羽伏見戦、箱館戦争、そして散華

菊地 明 編著

敗軍の将の最期

鳥羽伏見の戦に敗れ東走する新選組。近藤亡き後、敗軍の将・土方は会津、そして北海道へ。下巻は慶応元年から明治二年、凾館で戦死するまでを追う。

土方歳三日記 下 ─新選組副長、鳥羽伏見戦、箱館戦争、そして散華
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,600円+税
  • Cコード:0121
  • 整理番号:キ-18-2
  • 刊行日: 2011/11/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:560
  • ISBN:978-4-480-09409-4
  • JANコード:9784480094094
菊地 明
菊地 明

キクチ アキラ

1951年東京都生まれ、日本大学芸術学部卒。幕末史研究家。著書に『龍馬 最後の真実』『龍馬暗殺完結篇』『クロニクル坂本龍馬の33年』『新選組全史(上・中・下)』『新選組の新常識』『土方歳三遺聞』『沖田総司伝私記』『京都見廻組史録』『幕末天誅斬奸録』『幕末百人一首』『「幕末」15年・7大事件で歴史の真相を大整理』ほか多数。編著に『土方歳三日記(上・下)』『京都守護職日誌(全5巻)』、共著に『坂本龍馬日記』『新選組日誌』『新選組実録』など。

この本の内容

新選組副長、土方歳三。怜悧な思考、抜きんでたリーダーシップで組織を率い、敗軍の将として戊辰の役を転戦、函館で最期を遂げる。類稀な魅力から、小説・映画・ドラマでもその生涯が描かれてきたが、さまざまな異説に彩られ、真実は解明されてこなかった。本書では、本人の手紙、関係の旧家に伝えられた文書、隊士をはじめとする同時代人の諸記録まで、夥しい史料を渉猟、綿密な考証に基づいて時系列に再構成し、全生涯を初めて明らかにする。下巻の新選組最盛期の慶応元年から。やがて鳥羽伏見の戦いに敗れて東走し、近藤勇亡き後、土方は会津、北海道へ戦場を求め、函館で壮烈な最期を迎える。

この本の目次

慶応元年(1865)(善哉屋事件。新選組、反幕過激派を襲撃
山南敬助、切腹 ほか)
慶応二年(1866)(近藤、広島より帰京
谷三十郎、死亡 ほか)
慶応三年(1867)(伊東甲子太郎・永倉新八・斎藤一、謹慎処分
伊東甲子太郎、御陵衛士を拝命 ほか)
慶応四年・明治元年(1868)(鳥羽伏見戦勃発。新選組、鳥羽街道で戦う
新選組、淀へ退却 ほか)
明治二年(1869)(回天・蟠龍・高雄、甲鉄艦奪取作戦のため箱館を出港
宮古湾海戦 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可