「この一冊がぼくを変えた」
松岡正剛

先史学・社会文化人類学の泰斗の代表作。人の生物学的進化、人類学的発展、大脳の発達、言語の文化的機能を壮大なスケールで描いた大著。
【解説: 松岡正剛 】

身ぶりと言葉
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体2,000円+税
  • Cコード:0120
  • 整理番号:ル-6-1
  • 刊行日: 2012/01/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:688
  • ISBN:978-4-480-09430-8
  • JANコード:9784480094308
アンドレ・ルロワ=グーラン
アンドレ・ルロワ=グーラン

ルロワ=グーラン,アンドレ

1911−86年。20世紀フランスを代表する先史学者・社会文化人類学者。第二次世界大戦前には日本でアイヌ民族などの調査に従事。戦後はパリ国立自然史博物館教授などを経て、69年、コレージュ・ド・フランス先史学講座教授に就任、多彩な研究に取り組み厖大な著作を発表した。主著に『身ぶりと言葉』などがある。

荒木 亨
荒木 亨

アラキ トオル

1931-2009年。フランス文学者。ソルボンヌ大学卒。元国際基督教大学教授。

この本の内容

人類の進化の本質とは、突き詰めてみれば何なのか。本書は人間を動物から区別する二つのもの「身ぶり」と「言葉」から、この大きな問いに迫ってゆく。ここで言う「身ぶり」とはたんなるしぐさに留まらない。技術を含む文化的行動様式いっさいを含んでいる。二足歩行によって頭蓋と手足を発達させた人類が、いかにして「知性」を育み、記憶を外部のアーカイブに託していったのか。その後の文明的価値観に大きな変更をもたらした新たな「欠乏と制御」とは。壮大なパースペクティヴのもと、人の進化に理論的かつ実証的に迫った、スリリングな大著。

この本の目次

第1部 技術と言語の世界―手と顔が自由になるまで(人間像
脳髄と手
原人と旧人 ほか)
第2部 記憶と技術の世界―記憶とリズムその1(記憶の解放
身ぶりとプログラム
ひろがる記憶)
第3部 民族の表象―記憶とリズムその2(表象の古生物学への序説
価値とリズムの身体的な根拠
機能の美学(感性論) ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可