アンドレ・ルロワ=グーラン
ルロワ=グーラン,アンドレ

1911-86年。20世紀フランスを代表する先史学者・社会文化人類学者。第二次世界大戦前には日本でアイヌ民族などの調査に従事。戦後はパリ国立自然史博物館教授などを経て、69年、コレージュ・ド・フランス先史学講座教授に就任、多彩な研究に取り組み厖大な著作を発表した。旧石器時代の洞窟壁画などの調査から 壁画と人間の言語活動との関わりを考察した研究はその代表と言える。著書に『先史時代の宗教と芸術』『世界の根源』などがある。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

世界の根源 ─先史絵画・神話・記号

アンドレ・ルロワ=グーラン 著  蔵持 不三也 翻訳 

人間の進化に迫った人類学者ルロワ=グーラン。半生を回顧しつつ、人類学・歴史学・博物館の方向性、言語・記号論・身体技法等を縦横無尽に論じる。

  文庫判   448頁   刊行日 2019/07/09  ISBN 978-4-480-09931-0
JANコード 9784480099310

定価:本体1,500 円+税

在庫  ○

身ぶりと言葉

アンドレ・ルロワ=グーラン 著  荒木 亨 翻訳 

先史学・社会文化人類学の泰斗の代表作。人の生物学的進化、人類学的発展、大脳の発達、言語の文化的機能を壮大なスケールで描いた大著。 <br /> 【解説: 松岡正剛 】

ちくま学芸文庫  文庫判   688頁   刊行日 2012/01/10  ISBN 978-4-480-09430-8
JANコード 9784480094308

定価:本体2,000 円+税

在庫  ○

  • 1