万葉の秀歌

中西 進

珠玉の歌から分けいる
日本人のこころの源

万葉研究の第一人者が、珠玉の名歌を精選。宮廷の貴族から防人まで、あらゆる地域・階層の万葉人の心に寄り添いながら、味わい深く解説する。

万葉の秀歌
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,600円+税
  • Cコード:0192
  • 整理番号:ナ-21-1
  • 刊行日: 2012/07/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:544
  • ISBN:978-4-480-09457-5
  • JANコード:9784480094575
中西 進
中西 進

ナカニシ ススム

1929年生まれ。文化勲章受章。「万葉集」など古代文学の比較研究を主に、日本文化の研究・評論活動で知られ、日本学士院賞、読売文学賞、大佛次郎賞、菊池寛賞などを受賞。日本学術会議会員、日本比較文学会会長、東アジア比較文化国際会議会長、プリンストン大学客員教授、筑波大学教授、国際日本文化研究センター教授、大阪女子大学学長、京都市立芸術大学学長などを歴任。現在高志の国文学館長、一般社団法人日本学基金理事長ほか。著書に講談社文庫『万葉集』(全5巻)、『中西進万葉論集』(全8巻)、『中西進著作集』(全36巻)など。

この本の内容

宮廷の貴族が、秘めた愛や篤き友情を詠み交わした「相聞歌」。防人が異国の地で望郷の想いをうたった「防人歌」。農民が戯れに紡いだユーモアあふれる「東歌」。古えの日本の心を豊かに伝えてきた『万葉集』全4500余首より珠玉の252首をセレクト。万葉研究の第一人者があらゆる地域、階層の万葉人の心に寄り添い、歌に隠された数々のドラマや四季折々の日本の風景に想いを馳せながら、丁寧に味わい、深く読み解く。巻一から二十まで順を追って辿り、それぞれの巻の歴史的背景や、用語などの基礎知識を学びつつ鑑賞できる『万葉集』解説の決定版。

この本の目次

籠もよ/み籠持ち(雄略天皇)
大和には/群山あれど(舒明天皇)
やすみしし/わご大君の(間人老)
たまきはる宇智の大野に(同)
秋の野のみ草刈り葺き(額田王)
熟田津に船乗りせむと(同)
冬ごもり/春さり来れば(同)
あかねさす紫野行き(同)
紫草のにほへる妹を(天武天皇)
春過ぎて夏来るらし(持統天皇)〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可