日本神話の世界

中西 進

ここから日本がはじまった

記紀や風土記から出色の逸話をとりあげ、かつて息づいていた世界の捉え方、それを語る言葉を縦横に考察。神話を通して日本人の心の源にわけいる。

日本神話の世界
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体900円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:ナ-21-2
  • 刊行日: 2013/01/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:208
  • ISBN:978-4-480-09509-1
  • JANコード:9784480095091
中西 進
中西 進

ナカニシ ススム

1929年生まれ。文化功労者。『万葉集』など古代文学の比較研究を主に、日本文化の研究・評論活動で知られ、日本学士院賞、読売文学賞、大佛次郎賞、菊池寛賞などを受賞。日本学術会議会員、日本比較文学会会長、東アジア比較文化国際会議会長、プリンストン大学客員教授、筑波大学教授、国際日本文化研究センター教授、大阪女子大学学長、京都市立芸術大学学長などを歴任。現在高志の国文学館長、堺市博物館長、京都市中央図書館長ほか。著書に『中西進日本文化をよむ』(全6巻)、『中西進 万葉論集』(全8巻)、『中西進著作集』全36巻)、ちくま学芸文庫に『万葉の秀歌』などがある。

この本の内容

『古事記』、『日本書紀』、『風土記』、『万葉集』などにつづられた日本神話から、国土の成り立ちを伝える国引き、天の岩戸の神話、因幡の白兎をはじめとする、味わい豊かな逸話の数々をセレクト。伝承を丁寧に読みとき、神話を物語る「日本語」に隠された「謎」を解明する。日本人とは何なのか。いったいどこから来て、いまどこに向かおうとしているのか。『古事記』ブームの裏に、現代人のこうした知的欲求を見つめる著者が、国文学者独自の視点から、壮大な日本神話の世界にやさしく誘う。本書を通して私たちは、心の奥底にいまも息づく、日本人の本来の姿にふたたび出会えるだろう。

この本の目次

第1章 天地創造(オノゴロ島
淡島 ほか)
第2章 須佐之男の神(禍と直
太陽と雨 ほか)
第3章 大国主の神(因幡の白兎
死の国 ほか)
第4章 天孫の降臨(猿田毘古
天孫の降臨 ほか)
第5章 火遠理の命(火の神の誕生
海神の宮訪問 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可