悪魔と裏切者 ─ルソーとヒューム

山崎 正一 著 , 串田 孫一

空前絶後の
哲学的痴話ゲンカ
奇書中の奇書を文庫化!

ルソーとヒュームのどうしようもないケンカの記録。いったいこの人たちはどうしちゃったのか。二人の大思想家の常軌を逸した言動を読む。

悪魔と裏切者 ─ルソーとヒューム
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,100円+税
  • Cコード:0110
  • 整理番号:ヤ-23-1
  • 刊行日: 2014/11/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-09641-8
  • JANコード:9784480096418
山崎 正一
山崎 正一

ヤマザキ マサカズ

1912-97年。東京生まれ。哲学者。東京帝国大学哲学科卒業。同大学大学院修了。東京大学教授、法政大学教授、日本哲学会委員長等を歴任。江戸時代からある東京谷中の興禅寺の住職でもあった。イギリス哲学やドイツ哲学に関するものの他、道元、法然、親鸞ら高僧についての著作もあり、『正法眼蔵随聞記』の訳注も行った。その広範な研究は『山崎正一全集』全10巻(朝日出版社)におさめられている。

串田 孫一
串田 孫一

クシダ マゴイチ

1915―2005年。哲学者、詩人、エッセイスト。東京生まれ。東京帝国大学哲学科卒業。上智大学、東京外国語大学などで教鞭をとる。「歴程」同人。1958年、山の文芸・芸術誌「アルプ」を創刊し、,83年終刊まで編集責任者を務める。『山のパンセ』実業之日本社、『ギリシア神話』筑摩書房、『串田孫一随想集』全6巻、立風書房、『串田孫一集』全8巻、筑摩書房など、著書多数。

この本の内容

十八世紀の大思想家による伝説のケンカを、山崎・串田両氏が丹念な状況説明を付して再現。母国を追われたルソーをイギリスに温かく迎えたヒューム。しかし二人の友情はルソーの激しい思い込みからほどなくして破綻する。突然狂気に満ちた絶縁状を送りつけられたヒュームは、戸惑いつつも己の名声を守るべく、往復書簡に註を付して公刊。対するルソーは、自己の良心と真摯に向き合えば答えは明白との一点張り。近代哲学の二面性を、それぞれ別の方向から突き詰めた二人だからこそ起きた衝突。読んで大笑いするのも一興。しかしここには最も純粋な思想の言葉が満ち溢れている。

この本の目次

最初の鄭重なる書翰往復
パリの会合
ロンドン到着
嵐の前
宣戦布告
ルソーの言い分
永遠の袂別
『争論文書』の公表
弥次馬
健全さの悪
ルソー英国を去る

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可