「やさしさ」と日本人 ─日本精神史入門

竹内 整一

「やさしい」という言葉は何を意味するのか。万葉の時代から現代まで語義の変遷を丁寧にたどり、日本人の倫理の根底をあぶりだした名著。解説 田中久文

「やさしさ」と日本人 ─日本精神史入門
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,000円+税
  • Cコード:0112
  • 整理番号:タ-45-1
  • 刊行日: 2016/02/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-09720-0
  • JANコード:9784480097200
竹内 整一
竹内 整一

タケウチ セイイチ

1946年長野県生まれ。東京大学文学部倫理学科卒業。現在、鎌倉女子大学教授、東京大学名誉教授。専門は倫理学、日本思想。日本人の精神の歴史を辿りなおしながら、それが現在に生きるわれわれに、どのように?がっているのかを探求している。主な著書に、『「かなしみ」の哲学』(NHKブックス)、『花びらは散る 花は散らない』(角川選書)、『「おのずから」と「みずから」』『やまと言葉で哲学する』『やまと言葉で〈日本〉を思想する』(以上、春秋社)、『ありてなければ』(角川ソフィア文庫)などがある。

この本の内容

「やさしさ」は日常ではごくあたりまえに求められる倫理感情である。高度成長期の終わり以降、この言葉はさまざまな場面でインフレ気味に使われ、中身も変質し空疎化してきた。「やさしさ」は、もはや論じるに値しないのか。そうではないだろう、と著者は言う。そこにある確かな語感に倫理を賦活する可能性を看取している。万葉の時代から現代までどのようにこの言葉が捉えられてきたか、その歴史の厚みを丁寧に解きほぐし、日本人の心の基層を明らかにした名著。

この本の目次

第1章 「やさしさ」の現在(「やさしさ」の現状分析
傷つくことと「やさしさ」
ゼロ年代以降の「やさしさ」
太宰治の「やさしさ」)
第2章 「やさし」の精神史(羞恥としての「やさし」
美的理念としての「やさし」
当座の倫理としての「やさし」
情け深さとしての「やさし」)
第3章 「やさしさ」の倫理学(「やさしさ」の自他認識
共感としての「やさしさ」
原質としての「やさしさ」
無常と「やさしさ」)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可