竹内 整一
タケウチ セイイチ

1946年長野県生まれ。東京大学文学部倫理学科卒業。現在、鎌倉女子大学教授、東京大学名誉教授。専門は倫理学、日本思想。日本人の精神の歴史を辿りなおしながら、それが現在に生きるわれわれに、どのように?がっているのかを探求している。主な著書に、『「かなしみ」の哲学』(NHKブックス)、『花びらは散る 花は散らない』(角川選書)、『「おのずから」と「みずから」』『やまと言葉で哲学する』『やまと言葉で〈日本〉を思想する』(以上、春秋社)、『ありてなければ』(角川ソフィア文庫)などがある。

検索結果

前のページへ戻る
3件1~3件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

「やさしさ」と日本人 ─日本精神史入門

竹内 整一 著 

「やさしい」という言葉は何を意味するのか。万葉の時代から現代まで語義の変遷を丁寧にたどり、日本人の倫理の根底をあぶりだした名著。解説 田中久文

ちくま学芸文庫  文庫判   256頁   刊行日 2016/02/09  ISBN 978-4-480-09720-0
JANコード 9784480097200

定価:本体1,000 円+税

在庫  ○

日本人はなぜ「さようなら」と別れるのか

竹内 整一 著 

一般に、世界の別れ言葉は「神の身許によくあれかし」、「また会いましょう」、「お元気で」の三つだが、日本人にだけ「さようなら」がある。その精神史を探究する。

ちくま新書  新書判   224頁   刊行日 2009/01/06  ISBN 978-4-480-06467-7
JANコード 9784480064677

定価:本体720 円+税

在庫  ○

日本人は「やさしい」のか

竹内 整一 著 

「やさしい」とはどういうことなのか? 手垢のついた�オ�オ「やさし」を万葉集の時代から現代に至るまで再度検証しなおし、思想的に蘇らせようと試みた渾身の一冊。

ちくま新書  新書判   224頁   刊行日 1997/07/17  ISBN 4-480-05716-1
JANコード 9784480057167

定価:本体720 円+税

  • 1