シリーズ親鸞3巻 釈尊から親鸞へ ─七祖の伝統

狐野 秀存 著 , 真宗大谷派

法然に出遭い本願念仏の世界に入った親鸞。その背景には龍樹・天親・曇鸞・道綽・善導・源信という先師の伝統があった。その連綿たる無窮の流れを、讃嘆の精神をもってたどる。

シリーズ親鸞3巻 釈尊から親鸞へ ─七祖の伝統
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体1,800円+税
  • Cコード:0315
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2010/06/29
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-32023-0
  • JANコード:9784480320230

この本の内容

法然に出会い本願念仏の世界に導かれた親鸞。師の衣鉢を受け継いで、大聖釈尊から法然に至る真実の仏教の伝承を、インド、中国、日本の三国の七高僧の願生のこころのなかに読み取り、念仏の僧伽復興の悲願成就の生涯へと結びつけた親鸞の真宗仏教への思いをたどる。

この本の目次

序章 仏教の核心
第1章 真宗七祖
第2章 龍樹の仏教
第3章 天親の仏教
第4章 曇鸞の仏教
第5章 道綽の仏教
第6章 善導の仏教
第7章 源信の仏教
第8章 法然の仏教

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可