シリーズ親鸞9巻 近代日本と親鸞 ─信の再生

安冨 信哉 著 , 真宗大谷派

危機を超えて。

開国から明治・大正にかけて、日本仏教界は近代の嵐に翻弄され未曾有の危機に遭遇した。過酷な試練のなか親鸞の信に生命の糧を見出し、近代教学を確立した先覚者たちの群像。

シリーズ親鸞9巻 近代日本と親鸞 ─信の再生
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体1,800円+税
  • Cコード:0315
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2010/10/28
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-32029-2
  • JANコード:9784480320292

この本の内容

幕府の庇護のもと、安逸の夢を貪ってきた日本仏教界は、維新政府の神道国教化政策、ヨーロッパ合理主義による仏教的信仰の否定などにより未曾有の危機に追い込まれた。過酷な試練に直面しながら、親鸞の信に自らの生命の糧を見出し、封建的呪縛を解き放つため全身全霊で新しい近代教学を模索した先覚者たちの群像。

この本の目次

序章 近代の幕開けと親鸞
第1章 「親鸞の名を担う教団」を求めて
第2章 いま、親鸞に聞く
第3章 親鸞の遺弟として生きる
第4章 親鸞教学の開顕
第5章 親鸞・普遍への道
終章 新・親鸞主義の成立

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可