チャペック旅行記コレクション2 チェコスロヴァキアめぐり

カレル・チャペック 著 , 飯島 周 編訳

「塔はチェコの特産だ、と言いたい」
愛情いっぱいの故郷見聞録。
イラスト多数

こよなく愛し、また童話の舞台となった故郷の風景と人々を、変わりゆく時代を惜しみつつ丹念に描くエッセイ。イラスト多数。

チャペック旅行記コレクション2 チェコスロヴァキアめぐり
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体740円+税
  • Cコード:0198
  • 整理番号:ち-8-2
  • 刊行日: 2007/02/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-42293-4
  • JANコード:9784480422934
カレル・チャペック
カレル・チャペック

チャペック,カレル

(1890-1938)ジャーナリスト、 エッセイスト、 小説家、劇作家。 ヨーロッパの小国チェコに生まれ、 ナチスに対抗し、 全体主義と闘った。 その文筆活動は非常に多彩で、 新語〈ロボット〉を世に広めたSF劇「R.U.R」、 エッセイ 『園芸家十二カ月』 『ダーシェンカ』、 童話 『長い長いお医者さんの話』 が特に有名。 他に長篇哲学三部作や 「マサリクとの対話」 「山椒魚戦争」など。

飯島 周
飯島 周

イイジマ イタル

1930年長野県生まれ。 跡見学園女子大学名誉教授。 言語学専攻。 97年木村彰一賞受賞。訳書に 『チャペックエッセイ選集』『チャペック小説選集』、ハシェク『不埒な人たち』、 ハヴェル『プラハ獄中記』、 『サイフェルト詩集』 ほか多数。

この本の内容

故郷をこよなく愛するとともに、世界各地の多様な風景・風俗を愛したチャペックは多くの旅行記を遺している。その巧妙でユーモラスな筆致は、深い人間愛と洞察を底に秘め、世界中に今もなおファンが多い。本書は故郷チェコスロヴァキアの国内見聞記。子どもの頃から親しみ、童話の舞台にもなった風景や人々の暮らしを丁寧にあたたかく描くなかに、鋭い社会批評が挟まれる名エッセイ。イラスト多数。

この本の目次

1 チェコ国内絵図(わが故郷
イラーセクの地 ほか)
2 プラハめぐり(1)古いプラハ(プラハの起伏
古いプラハのために ほか)
3 プラハめぐり(2)成長するプラハ(プラハっ子の驚き
大きなプラハ ほか)
4 プラハめぐり(3)そこで暮らす人びと(聖十字架の丘
ラファンダ地区 ほか)
5 スロヴァキア絵図(土地の顔
オラヴァ ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可