「楽しみはつづかない」

アルプスの自然を背景に、どこか奇妙な青年警官、若い犯罪者、無能の猟師など、大人社会の〈はみ出し者〉をユーモラスに、寓話的に描いた11篇。

魔法の庭
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体720円+税
  • Cコード:0197
  • 整理番号:か-25-3
  • 刊行日: 2007/08/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:208
  • ISBN:978-4-480-42351-1
  • JANコード:9784480423511
イタロ・カルヴィーノ
イタロ・カルヴィーノ

カルヴィーノ,イタロ

(1923−85)イタリアの作家。キューバで生まれ、北イタリアで育つ。43年、反ファシズムのパルチザンに身を投じる。それが彼の文学的出発点となり、47年に発表した『くもの巣の小道』は、ネオ・レアリズム小説の傑作と絶賛される。著書に『まっぷたつの子爵』『木のぼり男爵』『不在の騎士』『見えない都市』『冬の夜ひとりの旅人が』などがある。

和田 忠彦
和田 忠彦

ワダ タダヒコ

1952年生れ。東京外国語大学名誉教授。専攻、イタリア近現代文学・文化芸術論。訳書にウンベルト・エーコ『小説の森散策』『開かれた作品』など多数ある。

この本の内容

「ジョヴァンニーノはセレニッラと遊ぶのが大好きだった。ある日二人は噴水にプールに並木道がある、大きなお屋敷の庭に迷い込んだ。何もかも素敵に見えたが、そこには魔法のような、昔犯した悪事のような恐怖がたちこめていた」(「魔法の庭」)。アルプスの自然を背景にどこか奇妙な、青年警官、若い犯罪者、無能の猟師など、大人社会のいわゆる“異物”をユーモラスに描いた11編を収める。

この本の目次

蟹だらけの船
魔法の庭
不実の村
小道の恐怖
動物たちの森
だれも知らなかった
大きな魚、小さな魚
うまくやれよ
猫と警官
菓子泥棒
楽しみはつづかない

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可