折口信夫集 神の嫁 文豪怪談傑作選

折口 信夫 著 , 東 雅夫 編集

神と死者の物怪と。
折口文学のエッセンス!

神と死者の声をひたすら聞き続けた折口信夫の怪談アンソロジー。物怪たちが跋扈活躍する「稲生物怪録」を皮切りに日本の根の國からの声が集結。

折口信夫集 神の嫁 文豪怪談傑作選
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体880円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:ふ-36-13
  • 刊行日: 2009/09/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:384
  • ISBN:978-4-480-42649-9
  • JANコード:9784480426499
折口 信夫
折口 信夫

オリクチ シノブ

(1887〜1953)大阪生まれ。筆名釈迢空。国学院で学び中学の国語教師を経て、柳田國男を知り、民俗学・国文学の研究に入る。 民間伝承採話のかたわら、短歌、詩、小説を書き、日本芸能史や古代研究にわたっては、実証に加えて詩人的直観にもとづくおよそ類 のない想像力と洞察にあふれた仕事をのこした。

東 雅夫
東 雅夫

ヒガシ マサオ

1958年、神奈川県生まれ。アンソロジスト、文芸評論家。元「幻想文学」編集長、現「幽」編集長。ちくま文庫「文豪怪談傑作選」シリーズはじめ編纂・監修書多数。著書に『遠野物語と怪談の時代』(日本推理作家協会賞受賞)『百物語の怪談史』『文学の極意は怪談である』など。

著者に関する情報

「幻妖ブックブログ」はこちら

この本の内容

巫者に憧れ、河童と戯れ、まざまざと異界を幻視した折口信夫は、近代日本が生んだ大いなる学匠詩人にして稀有なる霊媒(ミーディアム)であった。文学と民俗の両面にわたる深遠幽暗な折口学の根底には、常に彼方への視線、人外のモノへの共感がひそめられており、それはしばしば怪談文芸の領域へと肉迫する。知られざる名作怪談「生き口を問う女」や「稲生物怪録」ほかの創作と論考を一巻に。

この本の目次

稲生物怪録
死者の書(抄)
神の嫁
むささび
生き口を問う女
生き口を問う女(続稿)
とがきばかりの脚本
巻返大倭未来記
夏芝居
お岩と与茂七
涼み芝居と怪談
寄席の夕立
もののけ其他
お伽及び咄
雄略紀を循環して
盆踊りの話
鬼の話
河童の話
座敷小僧の話
信太妻の話
餓鬼阿弥蘇生譚
小外伝(餓鬼阿弥蘇生譚の二)
水中の与太者
水中の友
鏡花との一夕

読者の感想

2010.4.05 羊我堂

 映画『千と千尋の神隠し』の台本(徳間書店刊『THE ART OF Spirited Away』に収録のもの)を読んでいたら、そのト書きに「白拍子達も神の嫁を見ようとする云々」と書かれた箇所があって、以来「カミノヨメ」という言葉が妙に頭にひっかかり、ずっと気になっていたのです。(この台本では「神の嫁」とは主人公の千尋のことを指して言っているのですが)まさか、そのものズバリ『神の嫁』というタイトルの小説がこの世に存在していようとは・・・。


 くらくて、ゆったりとした語り口で、古めかしい言葉があちこちに嵌め込まれている独特の小説。でも、さてこれからどうなる、というところで急にプツリと途切れちゃう、未完の小説。未完であるがゆえに、かえって強烈な印象が残ったけれど、もしかしてそういう効果を狙ってわざと未完なのかな、なんて勘繰ってみたりして・・・。

 怪談や妖怪といったものに疎い私ではありますが、『生き口を問う女』・・・これも未完だけれど・・・関西弁の男女の会話がぬめってくるようで面白く、また『盆踊りの話』や『河童の話』など、へぇと思うことも多く、為になりました。

 ・・・「何だかこわいような、また覗いてみたいような。」・・・

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可