折口 信夫
オリクチ シノブ

(1887〜1953)大阪生まれ。筆名釈迢空。国学院で学び中学の国語教師を経て、柳田國男を知り、民俗学・国文学の研究に入る。 民間伝承採話のかたわら、短歌、詩、小説を書き、日本芸能史や古代研究にわたっては、実証に加えて詩人的直観にもとづくおよそ類 のない想像力と洞察にあふれた仕事をのこした。

検索結果

前のページへ戻る
3件1~3件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

折口信夫集 神の嫁 文豪怪談傑作選

折口 信夫 著  東 雅夫 編集 

神と死者の声をひたすら聞き続けた折口信夫の怪談アンソロジー。物怪たちが跋扈活躍する「稲生物怪録」を皮切りに日本の根の國からの声が集結。

ちくま文庫  文庫判   384頁   刊行日 2009/09/09  ISBN 978-4-480-42649-9
JANコード 9784480426499

定価:本体880 円+税

在庫  切れ中

ちくま日本文学025 折口信夫

折口 信夫 著 

古代感愛集 抄 近代悲傷集 抄 現代襤褸集 抄 死者の書 「古代研究」追い書き 妣が国へ・常世へ 春来る鬼  <br /> 【解説: 小松和彦 】

ちくま文庫  文庫判   480頁   刊行日 2008/10/08  ISBN 978-4-480-42525-6
JANコード 9784480425256

定価:本体880 円+税

在庫  ○

ちくま日本文学全集59 折口信夫 ─折口信夫

折口 信夫 著 

海やまのあひだ [▽]抄[△] 春のことぶれ [▽]抄[△] 古代感愛集 [▽]抄[△] 近代悲傷集 [▽]抄[△] 死者の書 妣が国へ・常世へ 春来る鬼 [▽]他[△] <br /> 【解説: 小松和彦 】

シリーズ・全集  文庫判   480頁   刊行日 1993/08/20  ISBN 4-480-10259-0
JANコード 9784480102591

定価:本体1,200 円+税

  • 1