ヘミングウェイ短篇集

アーネスト・ヘミングウェイ 著 , 西崎 憲 編訳

弱く寂しい男、
冷静で寛大な女

ヘミングウェイは弱く寂しい男たち、冷静で寛大な女たちを登場させ「人間であることの孤独」を描く。繊細で切れ味鋭い14の短篇を新訳で贈る。

ヘミングウェイ短篇集
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体880円+税
  • Cコード:0197
  • 整理番号:へ-11-1
  • 刊行日: 2010/03/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:288
  • ISBN:978-4-480-42684-0
  • JANコード:9784480426840
アーネスト・ヘミングウェイ
アーネスト・ヘミングウェイ

ヘミングウェイ,アーネスト

(1899〜1961)。作家。アメリカ、シカゴ郊外で生まれる。新聞記者をしたのち、1918年赤十字要員として北イタリア戦線に参加、重傷を負って帰国。その後パリに渡り、G・スタインらと親交を深め、小説を書き始める。『日はまた昇る』『武器よさらば』で作家の地位を確立。スペイン内乱、第二次世界大戦にも参加。54年ノーベル賞受賞。61年猟銃で自殺。

西崎 憲
西崎 憲

ニシザキ ケン

1955年青森生まれ。作家、翻訳家、アンソロジスト、音楽レーベル主宰。2002年、『世界の果ての庭』で第14回日本ファンタジーノベル大賞を受賞。著書に『蕃東国年代記』『ゆみに町ガイドブック』『飛行士と東京の雨の森』、編訳書に『ヴァージニア・ウルフ短篇集』『エドガー・アラン・ポー短篇集』『ヘミングウェイ短篇集』、編纂・訳書・共訳書に『ドイル傑作選』全5巻、アントニイ・バクリー『第二の銃声』、ジェラルド・カーシュ『壜の中の手記』ほか。

著者からのメッセージ

ヘミングウェイの描いた「軽く薄いもの」たち[全文を読む]

この本の内容

マッチョなイメージの強いヘミングウェイだが、彼はモダニズムの作家として、繊細でおそろしいほどの切れ味をもつ短篇を生みだした。彼は、女たちをひじょうに優しい手つきで描く。弱く寂しい男たち、冷静で寛大な女たちを登場させて描きだしたのは、「人間のなかで人間であることの孤独」だった。ジョイスが完璧と賞賛した「清潔で明るい場所」をはじめ、14作を新訳・新編集で贈る。

この本の目次

清潔で明るい場所
白い象のような山並み
殺し屋
贈り物のカナリア
あるおかまの母親
敗れざる者
密告
この身を横たえて
この世の光
神よ、男たちを愉快に憩わせたまえ
スイスへの敬意
雨のなかの猫
キリマンジャロの雪
橋のたもとの老人

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可